松田翔太「抜け出したい衝動」に強く共感 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月25日 > 松田翔太「抜け出したい衝動」に強く共感
メニュー

松田翔太「抜け出したい衝動」に強く共感

2009年11月25日 11:33

松田は地方ロケから急きょ帰京「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」

松田は地方ロケから急きょ帰京
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第10回東京フィルメックスの特別招待作品「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」が11月24日、会場となる東京・有楽町朝日ホールで上映され、主演の松田翔太高良健吾安藤サクラ大森立嗣監督が観客とのティーチインに参加した。

初監督作「ゲルマニウムの夜」が国際的に高く評価された大森監督の最新作。孤児院で兄弟のように育ち、低賃金でひたすら壁を壊す重労働を強いられるケンタ(松田)とジュン(高良)が、兄のいる北を目指して旅に出る姿を描く。

松田は、役どころに共感した点をたずねられ「具体的には分からないんです。どう言えばいいのか……現状から抜け出したいという衝動に共感した」と言葉を選びながら真摯に回答。一方の高良は、「本当の兄貴のように慕っていた」と松田との共演に思いをめぐらせていた。

また、「あえて役柄について情報は入れずに、健吾との芝居を楽しもうとした。ただ、(役作りを)何もしないというのは本当に大変だった」と松田。セリフの量の少ない役どころに臨んだ高良は、「あまり気にしなかったし、相手のすることに素直に反応しようと心がけた」と話した。ヒロインを演じた安藤は、大森監督の指示でクランクインまでに6キロ増量したそうで「腰が痛くなった」と明かしていた。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国」はリトルモア配給で、2010年初夏から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi