「レスラー」ミッキー・ロークが米プロレス界への本格参戦を熱望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月9日 > 「レスラー」ミッキー・ロークが米プロレス界への本格参戦を熱望
メニュー

「レスラー」ミッキー・ロークが米プロレス界への本格参戦を熱望

2009年11月9日 12:12

御年53歳のレスラーは、まさに映画通りだが?「レスラー」

御年53歳のレスラーは、まさに映画通りだが?
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミッキー・ローク(53)が、米プロレス団体WWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)へのフル参戦を希望しているという。

ダーレン・アロノフスキー監督作品「レスラー」で落ち目のプロレスラー、ランディ・ロビンソンを演じてアカデミー主演男優賞候補となったロークは今年4月、WWEのプロレスイベント「レッスルマニア25」のリング上で、元世界チャンピオンのクリス・ジェリコを左フック一発でOKしている(これはもちろん台本通り)。

この9月に上梓された彼の新しい伝記本「Mickey Rourke: Wrestling with Demons」(サンドロ・モレッティ著)によると、ロークは本気でレスラーとしてフル参戦を熱望していたが、「アイアンマン2」(来年5月7日全米公開)のプロデューサー連中からプロレス禁止令が出されていて出演できなかった、と記されている。「アイアンマン2」で、彼はロシア版“アイアンマン”のウィップラッシュことイバン・バンコを演じている。

作家モレッティは英サン紙に次のように語っている。「ミッキーはWWEのオーナー、ビンス・マクマホンにとても敬意を払っている。ビンスこそ、レスリングを、水着を着けた筋肉デブたちによるスポーツから、アスリートたちによる競技会に変えた男だとも言っている。彼は、あの驚くべき映画の宣伝の一環であのスポーツと出会って恋に落ちたため、全面的にレスリング・コミュニティを手助けしたいと思っているんだ」

ザ・ロックことドウェイン・ジョンソン(「ゲットスマート」「ウィッチマウンテン」)らを輩出したWWEは、WWEフィルムズ名義で所属レスラーの主演映画を多数製作している。ケイン主演のホラー映画「シー・ノー・イーヴル/肉鉤のいけにえ」、ジョン・シナ主演のアクション「ネバー・サレンダー/肉弾凶器」、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン主演のアクション「監獄島」(12月19日公開)などがある。もしも俳優が本職のロークが加入すれば、ラインナップもますます充実することになる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi