「最凶のタフ野郎」ストーン・コールド初主演作が日本公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月21日 > 「最凶のタフ野郎」ストーン・コールド初主演作が日本公開
メニュー

「最凶のタフ野郎」ストーン・コールド初主演作が日本公開

2009年10月21日 11:29

強烈な肉食系バトルが見られそう「監獄島」

強烈な肉食系バトルが見られそう
(C)MMVII WWE Films, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] WWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)の人気レスラー、ストーン・コールド・スティーブ・オースチンが映画初主演を飾った「監獄島(原題:The Condemned)」(07)が、ブロードメディア・スタジオの配給で、12月19日より東京・シアターN渋谷ほかで全国順次公開されることが決まった。

挑発的な言動を繰り返す荒くれ者スタイルで「最凶のタフ野郎」の異名を取るストーン・コールドは、通算6度のWWE王座を獲得した実力派レスラー。俳優としても、アダム・サンドラー主演の「ロンゲスト・ヤード」(05)や、WWF(現WWE)の裏側に迫ったドキュメンタリー「ビヨンド・ザ・マット」(99)などに出演した経験はあるが、主演は初めてだ。WWE出身の俳優といえば、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが、「ハムナプトラ2」(01)で演じたスコーピオン・キングで成功を収め、近年でも「ゲットスマート」(08)、「ウィッチマウンテン」(09)に出演するなど順調に俳優業を続けている。インターネット上には、本作の日本公開を待ち望む声が書き込まれており、今回の公開決定はそんなファンには朗報だろう。

監獄島」は、絶海の孤島を舞台に、世界各国から集められた10人の凶悪な死刑囚たちが生き残りをかけた戦いを展開するアクション活劇。ストーン・コールドはプロレスラーとして鍛え上げた肉体を武器に、格闘技とストリートファイトを融合させた壮絶なリアルファイトを繰り広げる。本作は、WWE所属のレスラーを起用して映画を製作するWWEフィルムズによる作品。06年にWWEの看板スター、ケインが主演するホラー映画「シー・ノー・イーヴル/肉鉤のいけにえ」と、同じくジョン・シナが主演する「ネバー・サレンダー/肉弾凶器」が製作、公開されており、本作はそれらに続く第3弾となる。監督は「ハード・トゥ・ダイ」(00)のスコット・ワイパーが務めている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi