「カールじいさん」監督らが製作秘話を、アニマル浜口は娘の誕生秘話を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月7日 > 「カールじいさん」監督らが製作秘話を、アニマル浜口は娘の誕生秘話を語る
メニュー

「カールじいさん」監督らが製作秘話を、アニマル浜口は娘の誕生秘話を語る

2009年10月7日 04:59

愛娘は、気合ではなく夫婦愛で生まれた「カールじいさんの空飛ぶ家」

愛娘は、気合ではなく夫婦愛で生まれた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 78歳のカールじいさんが亡き妻エリーの夢を叶えるため人生最後の大冒険に出る、ピクサーアニメの最新作「カールじいさんの空飛ぶ家」の監督ピート・ドクター、共同監督のボブ・ピーターソンら製作スタッフが来日。10月6日、東京・六本木のザ・リッツ・カールトン東京で記者会見を開いた。

ピクサーの長編アニメとしては、「トイ・ストーリー」(95)から数えて10作目。初めて普通の人間を主人公にした作品で、「常に新しいものを見せようという心意気は、何作目であろうと変わらない」と話すドクター監督は、「今まで一度も冒険したことのないカールじいさんが、妻と築いた絆や関係が、実は人生で一番の冒険だったと気付く、とてもエモーショナルなテーマになっているんだ」と作品をアピール。

老人が主人公で、ヒロインにあたる妻も冒頭で亡くなってしまうという構成は、「普通のスタジオだったら企画は通らなかっただろう」とおどけたドクター監督だが、「(プロデューサーの)ジョン・ラセターが、エモーショナルな部分、ストーリーに反応してくれた」と話し、原案者のピーターソンは「お年寄りというのは面白いキャラクターになる。人生経験が豊富で楽しい話の宝庫だし、経験を重ねているからこそ好き放題に言う権利があるからね」と、頑固者の主人公カールじいさんの誕生秘話を明かした。

会見の最後にはゲストとして、女子レスリング選手・浜口京子の父親で、元プロレスラーのアニマル浜口が初枝夫人とともに登場。映画を見て「泣きました。涙であふれました」と明かし、「夫婦というのは家族の原点。うちも初枝と仲が良くなければ京子はいなかったし、世界選手権の金メダルも五輪の銅メダルもなかった」と熱弁。さらには結婚前の初枝夫人とのエピソードもまくしたて、「アメリカ遠征の際に2日に一度、手紙をくれた。『こんなに優しい女性はいない。女房にしたい』と思い、ハワイで合流して、そこから夫婦愛が始まり、京子が生まれたんです」と事細かに明かす暴走ぶりで会場を圧倒した。

カールじいさんの空飛ぶ家」は12月5日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi