ピクサー、水面下で恐竜アニメ映画を製作中?特典映像から情報漏れ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月3日 > ピクサー、水面下で恐竜アニメ映画を製作中?特典映像から情報漏れ
メニュー

ピクサー、水面下で恐竜アニメ映画を製作中?特典映像から情報漏れ

2009年9月3日 12:00

ピクサー映画のリアリティは徹底リサーチの賜物なのね「カールじいさんの空飛ぶ家」

ピクサー映画のリアリティは徹底リサーチの賜物なのね
(C)Disney/Pixar
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 思わぬ形で、ピクサー・スタジオのマル秘事項が流出した。ピクサー・アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」(12月5日日本公開)のDVD特典映像と思われるメイキング映像の中の、キャラクター模型担当の彫刻家グレッグ・ダイクストラ(「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」も担当)へのインタビューで、彼の背後に映し出されたオフィスの壁に、「少年と恐竜のキャラクター模型」の写真やコンセプトアートが掲げられていたのだ。「ピクサーが恐竜アニメを作る?」と全米の映画サイトが一斉に報じたのは言うまでもない。

ピクサーのストーリー担当スーパーバイザー、ロニー・デル・カーメンがすぐさま対応。ツイッターを通じ、それらのキャラクターが登場する映画が製作されている事実を認めた。「作っているが、(詳しくは)言えない。『トイ・ストーリー3』とはまったく関係がないものだ」とコメントした。

ピクサー・アニメの今後のラインナップは、3年先までビッシリだ。トム・ハンクスティム・アレンが帰ってくる「トイ・ストーリー3」が2010年6月公開。「カーズ2」が2011年6月公開。弓の名人になりたいと夢見る王女を描くフェアリーテールで、リース・ウィザースプーンエマ・トンプソンが主演する「The Bear And The Bow」が2011年12月公開。2匹のイモリによるロマコメ・アニメ「Newt」が2012年6月公開。さらに、ブラッド・バード監督(「Mr.インクレディブル」)が1906年のサンフランシスコ大地震を描くピクサー初の実写映画「1906」も控えている。

7月初旬、オースティン・マディソンというピクサーのアニメーターは自らのブログで、恐竜好きのグループと米サウスダコタ州の恐竜の遺跡を訪ねたと報告している。そのメンバーには前述のダイクストラもいたようだ。彼はキャラクター模型を作るために、「レミーのおいしいレストラン」ではパリへ、「カールじいさんの空飛ぶ家」では南米へ旅行してリサーチしている。サウスダコタ旅行の目的は、恐竜のリサーチのようだ。

長編アニメなのか、短編アニメなのかは定かではないが、ピクサーが恐竜アニメのプロジェクトを秘かに進めているのはまず間違いなさそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi