「アイアンマン」ダウニー・Jr.&ファブロー監督がSF西部劇で再タッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月3日 > 「アイアンマン」ダウニー・Jr.&ファブロー監督がSF西部劇で再タッグ
メニュー

「アイアンマン」ダウニー・Jr.&ファブロー監督がSF西部劇で再タッグ

2009年9月3日 12:00

忙しそうなダウニーさん「アイアンマン」

忙しそうなダウニーさん
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来年春に公開される「アイアンマン2」、来年より撮影される「アイアンマン3」でコンビを組む、主演俳優のロバート・ダウニー・Jr.と監督のジョン・ファブローが、フレッド・バン・レント&アンドリュー・フォーリーの同名人気コミックを原作とするSFアクション西部劇「カウボーイズ・アンド・エイリアンズ」で、4度目のタッグを組むことになった。米バラエティと米ハリウッド・レポーター両誌が報じた。

物語の舞台は、19世紀後半の米アリゾナ州の大西部。ダウニー・Jr.が演じるのは、(南北戦争の)元北軍兵士のカウボーイで、拳銃の名手のジーク・ジャクソン。彼らは西部開拓のためアパッチ族と壮絶な戦いを繰り広げていたが、そこにUFOが不時着。西部を平定して地球人を奴隷化しようとするエイリアンたちに対して、カウボーイとインディアンが共闘するというもの。

当初、ユニバーサルとドリームワークスの共同製作作品として企画された同作は、07年夏よりプリプロダクションがスタートしていた。「アイアンマン」「トゥモロー・ワールド」の脚本家コンビ、ホーク・オストビーマーク・ファーガスが脚色した脚本を、共同製作者に名を連ねる「トランスフォーマー/リベンジ」のアレックス・カーツマンロベルト・オーチーが現在リライト中だ。また「LOST」クリエイターのデイモン・リンデロフもリライトチームに加わる。

プロデューサーは、カーツマン&オーチーのほか、スティーブン・スピルバーグ(ドリームワークス)、ブライアン・グレイザーロン・ハワード(イマジン・エンターテインメント)、スコット・ミシェル・ローゼンバーグ(プラチナム・スタジオCEO)といった超大物ばかり。ドリームワークスは2011年夏の完成を見込んでいるが、ディズニー配給でリリースされることから、このSF西部劇の大ヒットは間違いないところだ。

本作はダウニー・Jr.にとって、「アイアンマン」「シャーロック・ホームズ」に続くアクション超大作となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi