スティーブン・スピルバーグ監督が米版ジェームズ・ボンドを映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月3日 > スティーブン・スピルバーグ監督が米版ジェームズ・ボンドを映画化
メニュー

スティーブン・スピルバーグ監督が米版ジェームズ・ボンドを映画化

2009年8月3日 12:00

主人公マット・ヘルムはどんなスターが?「クイズ・ショウ」

主人公マット・ヘルムはどんなスターが?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督が、スウェーデン生まれのアメリカ人ミステリー作家ドナルド・ハミルトンが生み出した、アメリカのスパイ、マット・ヘルムを主人公としたスパイアクションを映画化することになった、と米バラエティ誌が伝えた。

同誌によれば、映画は長年にわたって彼の映画スタジオ、ドリームワークスによって企画開発されてきたもので、このほど、彼の以前のパートナーだったパラマウント・ピクチャーズが映画化権を取得したという。

スピルバーグは監督するかどうか不明だが、プロデュースは行う見込み。「クイズ・ショウ」(94)と「フェイク」(97)で2度アカデミー脚本賞候補になり、人気TVシリーズ「Dr.HOUSE」のプロデューサーとしても知られるポール・アタナシオが先週から脚本のリライト作業に入ったという。

マット・ヘルムは、アメリカの架空スパイ組織「M機関」に属し、27作もの長編小説に登場するスパイ。1960年代には「アメリカのジェームズ・ボンド」として人気を博し、ディーン・マーティン主演で、「サイレンサー/沈黙部隊」「同/殺人部隊」「同/待伏部隊」「同/破壊部隊」(66~68)として映画化され、4作目「破壊部隊」では武術コーディネーターとしてブルース・リーが参加している。

製作陣には「トランスフォーマー」(スピルバーグ製作総指揮)の脚本家コンビ、アレックス・カーツマンロベルト・オーチーが加わる予定。スピルバーグはドリームワークスのステイシー・スナイダー会長と共に、ディズニーなどと新たなファイナンス契約を組んで取り組むという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi