ジョージ・クルーニー監督が、親友マット・デイモンを主役に抜擢 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月25日 > ジョージ・クルーニー監督が、親友マット・デイモンを主役に抜擢
メニュー

ジョージ・クルーニー監督が、親友マット・デイモンを主役に抜擢

2009年9月25日 12:00

監督作で親友マットとタッグ「インフォーマント!」

監督作で親友マットとタッグ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョージ・クルーニーが監督を務める社会派映画の新作「ハムダン対ラムズフェルド」の主役に、親友マット・デイモンが決定したようだ。

米情報サイト、ScreenCraveなどが報じたところによると、本作はオサマ・ビンラディンの元運転手サリム・アハメド・ハムダンについて書かれたジョナサン・マーラーの著書「The Challenge」を、エミー賞脚本家アーロン・ソーキンが脚色するアクションスリラーで、デイモンはハムダンの弁護人チャールズ・スウィフトを演じる。この役は当初、クルーニーが演じる予定だった。

スティーブン・ソダーバーグ監督、クルーニー製作総指揮のブラックコメディ「インフォーマント!」(12月日本公開)のニューヨークプレミアに登場した主演俳優デイモンは、英フィメールファースト誌に「ハムダン対ラムズフェルド」を「いわゆる『テロとの戦争』について描く法廷劇だ」と説明。テロに関与した容疑で01年にアフガニスタンで逮捕され、イスラム過激派を収容するキューバのグアンタナモ米軍基地に移送・収容されたハムダン容疑者の、テロをめぐる法廷劇になるようだ。デイモンは、「ジョージはあの役には向いてなかったんだ(笑)。だから僕が演じることになったんだよ」と語っている。

ちなみにクルーニーは今月、3本の主演作のため、ベネチア、トロントの両映画祭をキャンペーンして回った。その3本とは、ジェイソン・ライトマン(「JUNO/ジュノ」)監督・脚本のコメディ「Up in the Air」、ロアルド・ダール原作をウェス・アンダーソン監督・脚本で映画化する「Fantastic Mr.Fox」(声の出演)、自身のプロダクション「スモークハウス」のパートナー、グラント・ヘスロフ監督の「The Men Who Stare at Goats」だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi