キアヌ・リーブスが、主演作「カウボーイビバップ」の脚本をベタぼめ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月25日 > キアヌ・リーブスが、主演作「カウボーイビバップ」の脚本をベタぼめ!
メニュー

キアヌ・リーブスが、主演作「カウボーイビバップ」の脚本をベタぼめ!

2009年9月25日 12:00

史上最高額の製作費となりますが…「スキャナー・ダークリー」

史上最高額の製作費となりますが…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本のサンライズ制作のSFハードボイルド・アニメを20世紀フォックス映画が実写映画化する「カウボーイビバップ」の製作状況について、主人公スパイク・スピーゲル役で主演するキアヌ・リーブスが語った。

ロビン・ライト・ペンと共演する新作「The Private Lives of Pippa Lee」(レベッカ・ミラー監督)のプロモーションで、米MTVのインタビューを受けたリーブスは、「カウボーイビバップ」の進捗について、「脚本の初稿はできている。脚本家(ピーター・クレイグ)がすごくいい仕事をしているんだ。そうだな、映画を作ったら5億ドル(約452億円)は必要になるだろうね(笑)。だから、彼は脚本のリライトにあたっている」と語った。

同作は、リーブスも主演したフィリップ・K・ディック原作のロトスコープ・アニメ「スキャナー・ダークリー」やSF映画「地球が静止する日」を手がけた製作者アーウィン・ストフがプロデュースする作品。脚本家クレイグは、ベン・アフレック監督・主演のクライムスリラー「ザ・タウン(原題)」(2010年公開)や、ウィル・スミス主演の刑事アクション「バッドボーイズ3」(2012年公開)を手がけている新進気鋭のライターだ。

実写版はアニメの第1話「アステロイド・ブルース」を映画化する予定で、ワープゲイトで各惑星が結ばれた2071年の太陽系を舞台に、ローテクの宇宙船ビバップ号で宇宙空間を飛び回る賞金稼ぎが職業の主人公スパイク・スピーゲルとその仲間の活躍を描く。

このシナリオ開発には、TVアニメ版監督の渡辺信一郎や、メイン脚本家だった信本敬子も参加しており(アソシエイトプロデューサーとして参加)、日本のオリジナルアニメのファンにも配慮した作品になるものと見られる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi