ニコラス・ケイジ、「グリーン・ホーネット」降板の理由は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月24日 > ニコラス・ケイジ、「グリーン・ホーネット」降板の理由は?
メニュー

ニコラス・ケイジ、「グリーン・ホーネット」降板の理由は?

2009年9月24日 12:00

チャウ・シンチー降板も同様の理由「グリーン・ホーネット」

チャウ・シンチー降板も同様の理由
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミシェル・ゴンドリー監督のアクション・コメディ「グリーン・ホーネット」に、ギャングのボスとして出演契約寸前だったニコラス・ケイジが、同作を降板した理由を明らかにした。

ベルナー・ヘルツォーク監督の最新主演作「バッド・ルーテナント」を引っさげてトロント国際映画祭入りしたケイジは、地元通信社カナディアンプレスの取材を受け、「主演および脚本家であるセス・ローゲンと監督のミシェル・ゴンドリーの間にクリエイティブ面の相違があった」と明かした。ケイジはロサンゼルスの暗黒街を牛耳る悪役Mr.Xのオファーを受けていたが、「行き当たりばったりに人を殺してしまうようなストレートすぎる悪役に興味を持てなかった」とそのキャラクター像にも不満だった様子だ。

「『グリーン・ホーネット』は何としても出たい映画だった。ゴンドリーはとても才能ある映画作家だと思っていたし、いつか彼と一緒に仕事をしたかった」とコメントしたケイジは、ゴンドリー監督の代表作「エターナル・サンシャイン」の脚本家チャーリー・カウフマンの脚本作品「アダプテーション」(02)の主演を務めているが、まだゴンドリー本人とのコラボは実現していない。「しかし、セス・ローゲンとゴンドリーのキャラクターに対する解釈は異なっていたと思う」と語り、ローゲンとの見解の不一致が原因だと述べている。ケイジはその悪役に、もっと人間らしさを含ませたかったようだ。

ケイジ降板後、クエンティン・タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞したオーストリア人俳優クリストフ・ワルツがキャスティングされている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi