イ・ビョンホン、最初は悪役に躊躇?主演作PRでチョン・ウソンと来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月28日 > イ・ビョンホン、最初は悪役に躊躇?主演作PRでチョン・ウソンと来日
メニュー

イ・ビョンホン、最初は悪役に躊躇?主演作PRでチョン・ウソンと来日

2009年8月28日 12:00

イ・ビョンホンはこの映画で悪役に開眼?「グッド・バッド・ウィアード」

イ・ビョンホンはこの映画で悪役に開眼?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国の人気俳優イ・ビョンホンチョン・ウソンが、主演作「グッド・バッド・ウィアード」(8月29日公開)のPRで来日。8月27日、キム・ジウン監督とともに、東京・新宿バルト9で行われた先行上映の舞台挨拶に登壇した。

ビョンホンが「僕の映画人生で意味のある1本」と思い入れを語った本作は、凄腕の賞金稼ぎ(ウソン)、冷酷なギャング(ビョンホン)、間抜けなコソ泥(ソン・ガンホ)の3人が、1枚の宝の地図をめぐって争奪戦を繰り広げるウェスタン活劇。韓国では昨年公開されたが、ビョンホンは本作の後も「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」「G.I.ジョー」と悪役が続いている。ジウン監督が「彼は最初、悪役を受けるのに二の足を踏んでいたんです。だから、『素のままの君でやればいいんだよ』と言って説得しました」と、冗談混じりに暴露。これに対してビョンホンは、「悪役がどうこうというより、監督とは『甘い人生』で一度仕事をしていて、役者をこき使う人だと知っていたから、再び一緒に仕事をするべきか迷っていたんです(笑)」と、こちらもジョークで切り返し、笑いを誘った。


画像2

[拡大画像]

一方、劇中で馬上での銃撃戦など、多彩なアクションを披露しているウソンは、「これほどひとつひとつのカットに神経を集中させた映画はなく、途中で手首も骨折したけど、出来上がった映画は表現したかったものが画面に刻まれていて、苦労も報われました」と、過酷だった撮影を振り返った。

舞台挨拶には、本作の日本語版テーマソングを手がけたORANGE RANGEのRYOも駆けつけ、花束を贈呈した。来日ゲストの3人はその後、劇場チケット売り場にあるバルコニーで、ファンや劇場来場者が見守る中、大ヒットを祈願してダルマに目を入れた。なお、一緒に来日予定だったもうひとりの主演ソン・ガンホは、新作の撮影スケジュールの都合で来日をキャンセルした。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi