「氷の微笑」「ショーガール」の脚本家ジョー・エスターハスが復帰! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月12日 > 「氷の微笑」「ショーガール」の脚本家ジョー・エスターハスが復帰!
メニュー

「氷の微笑」「ショーガール」の脚本家ジョー・エスターハスが復帰!

2009年8月12日 12:00

まさか聖母をエロティックには描くまい「ショーガール」

まさか聖母をエロティックには描くまい
Photo:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米バラエティ誌によると、「ショーガール」(95)以降、ハリウッドを追放されてデトロイトで鳴かず飛ばずの人生を歩んできた大脚本家ジョー・エスターハスが、南米のカトリック世界では有名な16世紀メキシコで起こった「グアダルーペの聖母」の物語を映画化する脚本家として雇われ、ハリウッドへの復帰が叶いそうだという。

ジェニファー・ビールス主演の「フラッシュダンス」(83)で一躍名を挙げたエスターハスは、グレン・クローズ主演の「白と黒のナイフ」(85)、シャロン・ストーン主演の「氷の微笑」(92)や「硝子の塔」(93)といったエロティックスリラーで、世界でもっとも高給取りの脚本家となった。

しかし、脚本を改ざんされた「硝子の塔」(プロデューサーは著書「くたばれ!ハリウッド」で有名なロバート・エバンズ)でケチがつき、リンダ・フィオレンティーノ主演の「ジェイド」(95)や、エリザベス・バークレイ主演の「ショーガール」(95)が相次いで失敗。ハリウッドから完全に干されて、業界用語で牢屋を意味する「ハリウッド・ジェイル」(ジョン・ランディス監督も現在干されている)に10年間以上も追放されたままだった。

ようやく再起のチャンスをつかんだエスターハスは、新作でメル・ギブソン監督がキリストの受難を描いた「パッション」(04)のプロデューサー、スティーブン・マケビティと組むという。セクシーなヒロインを描いてきたエスターハスだが、今度の物語は聖母。何やらカトリックの世界でまたまた物議を呼びそうな内容になりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi