「アンダーワールド」最新作は「ロミオとジュリエット」?監督が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月6日 > 「アンダーワールド」最新作は「ロミオとジュリエット」?監督が語る
メニュー

「アンダーワールド」最新作は「ロミオとジュリエット」?監督が語る

2009年3月6日 12:00

デザイナーとしての経験も発揮した監督デビュー作「アンダーワールド」

デザイナーとしての経験も発揮した監督デビュー作
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吸血鬼族と狼男族の存亡をめぐる戦いを描いた人気アクション・ヒロインシリーズの最新作で、前2作でケイト・ベッキンセールが演じた女処刑人・セリーンの誕生の秘密が明らかになる「アンダーワールド/ビギンズ」。本作で監督デビューを果たしたパトリック・タトポロスに話を聞いた。

タトポロスは、これまでにハリウッド版「GODZILLA」のデザインや、「アイ,ロボット」「ダイ・ハード4.0」、そして「アンダーワールド」シリーズなどのプロダクションデザインを務めてきたハリウッド有数のプロダクションデザイナーでもある。「作品のビジュアルとトーンを決めるのはプロダクション・デザイナーの仕事だけど、ジェームズ・キャメロンリドリー・スコットデビッド・フィンチャーらは、ビジュアルをストーリーと同じように大切なものだと考えているね。監督はビジョン以上のものを持っていなければいけないから、オーケストラの指揮者のようなものじゃないかな」

今回、タトポロスが監督を引き受けた理由の1つとして、アクションだけではなく、登場キャラクターたちの感情がしっかりと脚本に描かれていた点を挙げたが、シリーズの魅力はどんな点にあるのだろうか。「『アンダーワールド』のトーンと世界観は、他の作品とは比べ物にならないと思う。独特な奴隷制度が描かれた、悲劇的な『ロミオとジュリエット』って感じかな。そして、そこに『スパルタカス』の要素も入っていると言ってもいい。どんなドラマよりもドラマらしい作品だと思うよ」

アンダーワールド/ビギンズ」は、3月14日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi