「レイン・フォール」原作者はジェット・リーより椎名桔平が好き? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月6日 > 「レイン・フォール」原作者はジェット・リーより椎名桔平が好き?
メニュー

「レイン・フォール」原作者はジェット・リーより椎名桔平が好き?

2009年3月6日 12:00

時々英語を交えながらも、 誠実に日本語で応じてくれたアイスラー氏「レイン・フォール 雨の牙」

時々英語を交えながらも、
誠実に日本語で応じてくれたアイスラー氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 椎名桔平長谷川京子ゲイリー・オールドマンが出演、東京を舞台に殺し屋とCIA、やくざ、警察との攻防をスリリングに描いたサスペンス「レイン・フォール/雨の牙」が、4月25日に公開を迎える。日米のハーフであり、元特殊部隊員という殺し屋ジョン・レインのキャラクターを生み出したのは、かつて日本に数年間在住し、CIAの戦略スタッフとしても働いた経歴を持つ、作家バリー・アイスラー。02年の第1作「雨の牙」以降、“ジョン・レイン”シリーズを第6作まで(日本では第4作まで)発表している彼にインタビューした。

「映画化の話がスタートしてから、完成するまでに5年。途中で、製作が中止になるかもしれない時期もありましたから、(完成版を見たときは)やった!という気持ちでした」

93年の東京在住時に構想が生まれたという原作では、レインはベトナムで戦った経験を持つ世代として描かれており、現在だとおそらく50代になる。だが映画版で椎名が演じるのは40代のレイン。アイスラーには、彼はどう映ったのだろうか? 「正直言って、椎名さんは私が想像していたレインとはだいぶ違いました(笑)。でも、映画と小説は違います。小説家にとって50代は面白い素材ですが、映画的にはどうか?という問題があります。アレンジは必要なんです。原作者がよく勘違いしてしまうのが、“自分のアイデアこそが正しい。他は全部間違い”と思ってしまうこと。映画は、原作からインスパイアされた人が、多くのプロセスを経て作るものです。他の人のアイデアも尊重するという点にすごく気をつけましたね」


椎名桔平が体現したジョン・レインに注目「レイン・フォール 雨の牙」

椎名桔平が体現したジョン・レインに注目
[拡大画像]

そういえば、「雨の牙」はジェット・リーが映画化権を買い付けたことも話題となった企画だった。「彼のプロジェクトがなぜダメになったか、私も知りません(笑)。彼の顔はどう見ても中国人ですから、“彼がレインをやるのか”と思っていました。もちろん彼のアクションは大好きなんですよ! その意味でも、日本人の俳優、椎名さんがレインを演じてよかったと思っています」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi