エキゾチックな女戦士「アンダーワールド/ビギンズ」ローナ・ミトラが語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月30日 > エキゾチックな女戦士「アンダーワールド/ビギンズ」ローナ・ミトラが語る
メニュー

エキゾチックな女戦士「アンダーワールド/ビギンズ」ローナ・ミトラが語る

2009年1月30日 12:00

SFX界のカリスマ監督が描くゴシックワールド「アンダーワールド ビギンズ」

SFX界のカリスマ監督が描くゴシックワールド
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ3作目となる「アンダーワールド/ビギンズ」(パトリック・タトポロス監督/3月14日公開)は、いかにして吸血鬼族と狼男族が宿敵になったかを語るプリクエルとして描かれる。本作でストーリーの鍵を握るヒロイン、ソーニャを演じたローナ・ミトラに話を聞いた。

吸血鬼族の長老ビクター(ビル・ナイ)の愛娘でありながら、狼男ルシアン(マイケル・シーン)と禁じられた恋に落ちるソーニャ(ミトラ)。「ソーニャとルシアンは素晴らしい恋人同士なの。ソーニャは優秀な剣使いだけれど、危険な使命を果たそうとする時、ルシアンはとても心配して彼女を止めようとする。その時彼女は『自分は大丈夫』と言いながらも、何かあったらルシアンが自分を助けに来てくれると信じているのよ。2人のそういう関係はとても素敵だと思うわ。女性だったら誰だって、自分を守ってくれる男性が欲しいと思うはずよ。残念ながら目下、私にはそういう人はいないんだけれど(笑)」


画像2

TM and (C) 2009 LAKESHORE
ENTERTAINMENT GROUP LLC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

男性顔負けの剣さばきを見せるソーニャを演じる上で苦労した点を尋ねると、「ほとんどが乗馬と剣を使っての戦闘シーンだったけれど、私は子供の時から乗馬をしていたから、馬に乗ることには何の問題もなかったわ。剣を使っての戦闘シーンも経験があったし、ある意味、ダンスの振り付けみたいなものだから大変ではなかった。でも、思いのほか苦労したのは衣装だったのよ。私が着たのは、物語の舞台になる12世紀の史実に忠実に、鎖や皮で作られていて、かなり重いだけでなく体の動きが自由に取れなかったの。全く予想していなかったハプニングだったわ」

インド人の血が1/4入ったミトラは、生まれ育ったイギリスの女子高ではそのエキゾチックな容姿ゆえ、「何となく周囲に溶け込めなかった」のだとか。しかし、今ではラテンアメリカやアジアの国々を旅するとその土地に自然に馴染んでしまうという。マルチエスニックな彼女の今後の活躍に期待したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi