堀北真希がハエになった?「ハエ目線が楽しい」と吹替え作品PR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月20日 > 堀北真希がハエになった?「ハエ目線が楽しい」と吹替え作品PR
メニュー

堀北真希がハエになった?「ハエ目線が楽しい」と吹替え作品PR

2009年1月20日 12:00

ハエの世界はスリル満点「ナットのスペースアドベンチャー3D」

ハエの世界はスリル満点
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堀北真希が日本語吹替えに挑戦したベルギー製3Dアニメ映画「ナットのスペースアドベンチャー3D」(3月28日公開)のアフレコ会見が1月19日、都内のスタジオで行われた。

映画は、アポロ11号に便乗して月へ行ったハエたちの冒険を描くもので、全編が飛び出す立体3D映像で製作されており、専用のメガネをつけて鑑賞する。

ゲーム「レイトン教授」や映画「ドラえもん」で声優経験のある堀北だが、洋画吹替えは初めてで、主人公のハエの男の子、ナットの声を担当し、「人間が大きく見えたり、ハエ目線の表現もあって面白いです」と作品をPR。「映画の中でも人間に何度も危ない目に遭わされたりして、ハエも大変なんだなあと思いました。この映画を見るとハエを殺せなくなっちゃうかも」と、ハエに同情する心優しい堀北だったが、次に声優をやるなら「可愛らしい女の子とかやってみたい。セクシーな声も? 頑張りたいですね」と意欲を見せた。

また、この日の会見場が、同日に沢尻エリカが挙式した明治神宮と近かったため、報道陣からは結婚について話題も振られたが、「いつまでにとか決めないようにしてます。あえて理想を言えば20代のうちにですけど。宇宙旅行を目指すような、冒険心を忘れない人がいいですね」と映画にうまくからめて答えていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi