デーブ・スペクター、自身のハリウッド・デビュー作にも辛口 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月9日 > デーブ・スペクター、自身のハリウッド・デビュー作にも辛口
メニュー

デーブ・スペクター、自身のハリウッド・デビュー作にも辛口

2008年7月9日 12:00

出演シーンを見逃さないで!「ワン・ミス・コール」

出演シーンを見逃さないで!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “呪いの着信”を受けた人間が次々に怪死する恐怖を描いた秋元康原作のホラー映画「着信アリ」のハリウッドリメイク版「ワン・ミス・コール」(エリック・バレット監督)のプレミア試写会が、7月8日、東京・虎ノ門のニッショーホールで開かれ、同作に出演しているデーブ・スペクターが登壇して舞台挨拶を行った。

当日は“ハリウッドスター”のデーブにあわせて豪華ゲストも来場……ということだったが、会場にやってきたのはブルース・ウィリスのそっくりさんプチブルースや、シルベスター・スタローンのモノマネ芸人スタスタローンで、この演出に会場は笑いに包まれた。

デーブは作中で登場するTV番組のスタッフ役で出演しており、「僕がいなければこの映画は成り立たなかった」と豪語してみせたものの、その後は「台詞は2つしかなく、1つはカットされた」「ギャラは悪くなかった。『サンジャポ』(TBS系/サンデー・ジャポン)よりは高かった」など身も蓋もない発言を連発。「僕が英語でしゃべっているだけでビックリすると思う。僕が出ていること自体がホラーです」

舞台挨拶の最後には、世界の歌姫ビヨンセから花束贈呈という段取りだったが、ここで登場したのも、もちろん本物ではなくビヨンセのモノマネ芸人・渡辺直美。渡辺はデーブを舞台袖に押しのけ「ドリームガールズ」を熱唱(?)して喝采を浴び、デーブと渡辺が映画をPRするセクシー美女軍団「ワン・ミス・コール・ガール」に囲まれてフォトセッションを行ってプレミアイベントは終了。舞台裏で行われた囲み取材では、渡辺は映画について「怖いのが苦手で最後まで見られなかったので、デーブさんがどこに出ているか分からなかった」とコメントしていた。

ワン・ミス・コール」は7月19日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi