「WALL・E」をめぐるピクサーとファンのちょっといい話 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月9日 > 「WALL・E」をめぐるピクサーとファンのちょっといい話
メニュー

「WALL・E」をめぐるピクサーとファンのちょっといい話

2008年7月9日 12:00

ファンの涙が「WALL・E」成功を後押し!「ブラジル」

ファンの涙が「WALL・E」成功を後押し!
(C)DISNEY/PIXAR
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年秋に発表された約1分30秒の「WALL・E/ウォーリー」(12月日本公開)の特報予告編の中で、アンドリュー・スタントン監督は94年にジョン・ラセターらとのランチミーティングで、同作のストーリーが思い浮かんだと述懐している。

米コネティカット州の“コートニー”と名乗る若い女性は、その予告編を見ているうちに、「ブラジル」の軽快なサウンドに乗って登場するロボットWALL・Eの愛らしい姿に、号泣するさまをウェブカメラで撮ってYouTubeに公開した。

その号泣ビデオはインターネットを通じて話題に。彼女はピクサー・スタッフとEメールを交換する仲になり、クリスマスには、ピクサーのスタッフジャケットをプレゼントされた。そして同作が完成した今年6月、彼女はボーイフレンドと共に、サンフランシスコで行われた打ち上げパーティに招待されたのだという。

パーティ席上でスタントン監督は、「半年前に『WALL・E』の最初の予告編を出しましたが、まだ半分しか完成していなくて、映画の出来も不安だったし、我々は疲れ切っていました。そんな時、YouTubeで私たちが作った予告編にその女性が感動している姿を見て、『自分たちの方向性は間違っていない』と確信できた。だからこうして今夜、コートニーさんをご招待したのです」と、彼女から勇気づけられて映画を完成できたとスピーチした。

そのコートニーさんとボーイフレンドは7月に入って、ピクサー・スタジオを見学できた感動の体験記をブログにアップした。

このファンの心を大事にするピクサーの姿勢に、ピクサーファンの多くは大感動。次のピクサー作品「Up」の予告編の公開を心待ちにしているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi