大ヒットSFシリーズ「ギャラクティカ」を和製ビヨンセとアムロ・レイが応援! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月23日 > 大ヒットSFシリーズ「ギャラクティカ」を和製ビヨンセとアムロ・レイが応援!
メニュー

大ヒットSFシリーズ「ギャラクティカ」を和製ビヨンセとアムロ・レイが応援!

2008年5月23日 12:00

アムロVSビヨンセ、笑わせたのはどっち?

アムロVSビヨンセ、笑わせたのはどっち?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米大ヒットTVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」のDVDセル&レンタルが5月22日よりスタート。同日、東京・新宿の新宿バルト9にてDLP上映体感イベントが開催され、“和製ビヨンセ”こと渡辺直美と「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイの物真似でおなじみの若井おさむが登場した。

「ギャラクティカ」は、機械生命体サイロンの反乱によって滅亡の危機に追い込まれた人類が、安住の地を求めて宇宙に旅立つというストーリー。骨太な人間ドラマとドキュメンタリータッチのリアルなVFXアクションが絶賛され、エミー賞をはじめ数々の賞に輝いた話題作だ。

「今日は連邦軍戦艦ホワイトベースのドラマを見せてもらえると聞いて来たのですが……」とガンダムネタを連発する若井に続いて現われた渡辺は、得意のビヨンセダンスをひとしきり披露。「この体型はビヨンセというよりもガンタンク……正体を暴いてやる!」と迫る若井に対し渡辺がビンタをくらわせると、若井は「ぶったな……親父にもぶたれたことないのに!」とおなじみのアムロネタで会場に笑いの渦を巻き起こした。

2人はその後、マスコミの取材に応じ、本作の感想を求められた若井はここでもアムロになりきって「ガンダムよりも迫力があった……親父が熱中する訳だ!」と少々スベり気味に回答。一方、渡辺も「ストーリーに恋愛の要素も入っていて意外だった。女性にもオススメ」と見どころをアピールしていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi