08年上半期、全米評論家が選んだベスト映画は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月3日 > 08年上半期、全米評論家が選んだベスト映画は?
メニュー

08年上半期、全米評論家が選んだベスト映画は?

2008年7月3日 12:00

ピクサーの底力、恐るべし!「アイアンマン」

ピクサーの底力、恐るべし!
(C)Disney/Pixar
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米の映画評論家による記事を掲載するレビューサイトRotten Tomatoesが、6月30日、アンドリュー・スタントン監督のピクサー最新アニメ「WALL・E/ウォーリー」(12月日本公開)を08年度上半期ベスト映画に認定した。

同サイトは、映画評論家の評価の良い作品を赤く熟したトマト、評価の悪い作品を熟していない緑色のトマトで表示し、その総体的評価を“トマトメーター”で表している。その上、90%以上には“新鮮(fresh)マーク”が付く。

08年上半期のそれまでのハイスコアは、209レビューの平均評価が「93%」のジョン・ファブロー監督のマーベルコミックの映画化作品「アイアンマン」(9月公開)だったが、「WALL・E」は154レビュー(うち148レビューが“新鮮”)の評価が「96%」と上回り(7月2日現在)、ベスト映画に輝いたもの。

また、米映画データベースInternet Movie Databaseでも「WALL・E」は1万3705名のユーザー評価が9.1/10という好記録をマーク(7月2日現在)。これは、過去の全映画の中で第6位というとんでもない高評価になっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi