ピクサー最新作「WALL・E/ウォーリー」ほか、今夏の大作の予告編が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月14日 > ピクサー最新作「WALL・E/ウォーリー」ほか、今夏の大作の予告編が公開
メニュー

ピクサー最新作「WALL・E/ウォーリー」ほか、今夏の大作の予告編が公開

2008年3月14日 12:00

R2-D2に負けない人気キャラに!?「ハルク」

R2-D2に負けない人気キャラに!?
(C)DISNEY/PIXAR
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今夏、全米公開されるピクサーの最新作「WALL・E/ウォーリー」の予告編がついに公開された。

本作は、環境汚染のために人間が住めなくなった地球で700年もの間、作業を続けていた清掃ロボットのWALL・Eが、自分の使命を見出すまでの物語で、「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントン監督による作品だ。

今回の予告編では、最新型ロボットのEVEや宇宙で生活する人間たちの生態が初めて公開されているが、何といっても一番の見所はWALL・Eの豊かな感情表現だろう。「スター・ウォーズ」のR2-D2の効果音を生み出したベン・バートがサウンドデザイナーとして参加していることもあって、人間の言葉を一切話さないロボットが、愛嬌たっぷりに描かれている。「WALL・E/ウォーリー」の全米公開は6月27日、日本公開は12月の予定。

さらに、同じく今夏、全米で注目を集める2本のアクション大作「スピード・レーサー」「インクレディブル・ハルク(原題)の予告編も登場した。

スピード・レーサー」は、「マトリックス」3部作のウォシャウスキー兄弟が同シリーズ以来の監督作として、日本のアニメ「マッハGoGoGo」を実写映画化するもの。すでに公開されていた特報に続き、今回の予告編でも極彩色の世界の中で圧倒的なスピード感あふれるレース映像がふんだんに盛り込まれている。全米公開は5月9日、日本公開は7月5日。

一方の「インクレディブル・ハルク」は、「スパイダーマン」などと同じマーベルコミックの人気キャラクターの映画化。一度アン・リー監督により映画化された「ハルク」(03)とは関係なく、ルイ・レテリエ監督(「トランスポーター」)のもと、エドワード・ノートンリブ・タイラーらが出演。こちらは6月13日全米公開、日本では今年公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi