ブラッド・ピット降板のスリラーを、エドワード・ノートンも降板! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月25日 > ブラッド・ピット降板のスリラーを、エドワード・ノートンも降板!
メニュー

ブラッド・ピット降板のスリラーを、エドワード・ノートンも降板!

2007年12月25日 12:00

「ファイト・クラブ」の相棒を追って降板?「ラストキング・オブ・スコットランド」

「ファイト・クラブ」の相棒を追って降板?
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] この11月にブラッド・ピットの降板劇があった、ユニバーサル&ワーキングタイトル共同製作のケビン・マクドナルド監督(「ラストキング・オブ・スコットランド」)のポリティカルスリラー「ステート・オブ・プレイ(State of Play)」からもう一人の大物俳優、エドワード・ノートンが降板することになった。

ファイト・クラブ」の2人共がセットから去ってしまった同作だが、英BBCの同名ミニシリーズ(03)を「キングダム/見えざる敵」「大いなる陰謀」の脚本家マシュー・マイケル・カーナハン脚色による脚本を気に入ったピットが、長期間プロデュースに携わってきた。だが、手直しのために別の脚本家がたくさん参加し、脚本がオリジナルから大幅に改変されてしまったために今年11月末降板したもの。製作会社ユニバーサルは降板したピットに対して法的措置を準備中だ。すぐさまピットの代役にラッセル・クロウが決まったが、彼のスケジュールの都合で、11月スタート予定の同作の撮影は来年1月スタートへと順延されている。

これにより、エドワード・ノートンのスケジュールが完全に合わなくなったのが、同作の降板の理由だという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi