ブラッド・ピットが新作スリラーを降板!代役候補にJ・デップの名も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月26日 > ブラッド・ピットが新作スリラーを降板!代役候補にJ・デップの名も
メニュー

ブラッド・ピットが新作スリラーを降板!代役候補にJ・デップの名も

2007年11月26日 12:00

「ファイト・クラブ」の コンビ再タッグは夢に!「ラストキング・オブ・スコットランド」

「ファイト・クラブ」の
コンビ再タッグは夢に!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピットがユニバーサル製作のポリティカルスリラー「ステート・オブ・プレイ(State of Play)」から降板することが正式決定。理由は脚本の不備により製作が遅れたためだが、製作サイドはピットに対して訴訟も辞さない覚悟だという。

本作は、「ラストキング・オブ・スコットランド」のケビン・マクドナルド監督が、英BBCの同名TVミニシリーズを映画化するもの。議員の愛人の死をめぐるスリラーで、ピットが演じる予定だったのは、事件を調査する中で議員の妻と恋愛関係になるジャーナリスト。議員役を「ファイト・クラブ」で共演したエドワード・ノートン、その妻役をロビン・ライト・ペン、新聞社の編集委員役をヘレン・ミレン、TVレポーター役をレイチェル・マクアダムスが演じるという豪華共演も話題の作品だった。

キングダム/見えざる敵」のマシュー・マイケル・カーナハンが執筆した脚本を、ピットの進言で雇われた「ボーン・アルティメイタム」「マイケル・クレイトン」のトニー・ギルロイがリライトにあたっていたが、ピットは完璧に仕上がっていない脚本の不備をマクドナルド監督に訴えていたという。ところが、米脚本家組合(WGA)のストライキで、さらなる書き直しは出来ない状況で、ピットはあえなく降板したというのが真相だ。

ユニバーサルの広報はピット降板を認めたが、代役を立てて製作を続行することを表明している。代役候補として、新作スリラー「シャンタラム(Shantarum)」(ミラ・ナイール監督)がWGAストの影響で製作延期されスケジュールが空いているジョニー・デップや、ラッセル・クロウの名を挙げている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi