ヒース・レジャー、新作で演じたボブ・ディランとジョーカーについて語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月14日 > ヒース・レジャー、新作で演じたボブ・ディランとジョーカーについて語る
メニュー

ヒース・レジャー、新作で演じたボブ・ディランとジョーカーについて語る

2007年11月14日 12:00

「ブロークバック~」以来、ハズレなし!「バットマン ビギンズ」

「ブロークバック~」以来、ハズレなし!
Photo:AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミュージシャンのボブ・ディランを描いた「I'm Not There」(トッド・ヘインズ監督)に出演したヒース・レジャーが、米MTVのインタビューに答えた。

11月21日に全米公開される同作は、ディランの持つ多面的なキャラクターを、ヒースをはじめ、ケイト・ブランシェットクリスチャン・ベールリチャード・ギアら6人の俳優が演じ分けている。ヒースは、音楽と私生活のバランスに苦しむロビー役(ディラン)を演じており、同作について「濃密な素晴らしい作品だよ。(監督の)トッドはすごく知的で、ディランをカテゴライズすることなく、敬意をもって彼の神秘性を表現したんだ」とその仕上がりに満足している様子。今夏に破局した元パートナーのミシェル・ウィリアムズも同作に出演しているが、「ミシェルの方が先に出演が決まっていたんだよ。彼女の台本を読ませてもらった後、ロビー役に内定していた俳優が降板したから、僕が手を挙げたんだ」とのこと。「ディランは、カメレオンみたいな男さ。彼は大衆の要求や期待に迎合しない能力を持ち、そして常に進化しているんだ」とすっかりディランに心酔しているようだ。

また、もう1つの出演作である「バットマン・ビギンズ」の続編「ダーク・ナイト」(クリストファー・ノーラン監督)について、共演するマイケル・ケインがヒース扮するジョーカーを「これまで見た中で最も怖い演技の1つ」と評していることに質問が及ぶと、「僕が今まで演じてきた中でいちばん楽しい役柄だったよ。でも、ジョーカーに共感する点は全くないね。この映画は僕の予想の範囲を超えているよ。すごく面白い作品になると思う」とコメント。映画「時計じかけのオレンジ」とエキセントリックなパンクミュージシャン、シド・ビシャスセックス・ピストルズ)がジョーカー役のヒントとなったそうだ。同作は08年夏全米公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi