「めがね」荻上監督が絶賛する小林聡美&もたいまさこの魅力とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月21日 > 「めがね」荻上監督が絶賛する小林聡美&もたいまさこの魅力とは?
メニュー

「めがね」荻上監督が絶賛する小林聡美&もたいまさこの魅力とは?

2007年9月21日 12:00

与論島のゆったりとした自然も楽しんで! 「めがね」荻上直子監督「めがね」

与論島のゆったりとした自然も楽しんで!
「めがね」荻上直子監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フィンランドの日本食レストランを舞台にした大ヒット作「かもめ食堂」(05)のキャスト、スタッフが、海辺を舞台に描く新作「めがね」が間もなく公開される。本作の監督・脚本を務めた荻上直子監督に話を聞いた。

どこかにある南の海辺。戸惑いつつもこの地を訪れたヒロインのタエコは(小林聡美)、宿泊する小さな宿“ハマダ”に集まった人々と、どこへ行くでもなく、何をするのでもなく、ゆったりとした時間を共に過ごす。

かもめ食堂」に引き続き、今回も小林がヒロインを演じているが、監督は「めがね」の脚本段階でタエコ役に小林をイメージして書いていたそうで、「小林さんは私が求めている以上のものを出してくれる女優。時折こちらが想像もしていなかった表情を見せることがあり、改めてこの人は天才なんだと実感しました」と大絶賛。

また、宿の人々から一目置かれる存在のサクラを演じたもたいまさこは、「かもめ食堂」や監督の長編デビュー作「バーバー吉野」(03)でもクセのある役を好演している荻上組の常連。「今回は、私がイメージするもたいさんをそのままサクラという役に当てはめています。もたいさんご自身もミステリアスで不思議な方なんです。とても優しくて正義感が強く、正義に反した行いをするとすごく怒られるんですよ(笑)」と個性派女優もたいの素顔を明かした。

映画では、海辺で“たそがれる”人々の穏やかな時間が描かれている。「嫌なニュースばかりが耳に入ってくる世の中ですが、この映画を見ている時間だけはのんびりゆったり過ごしてほしい」とのメッセージが最後に送られた。

めがね」は9月22日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi