監督&キャスト&観客全員が眼鏡をかけてパチリ!「めがね」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月11日 > 監督&キャスト&観客全員が眼鏡をかけてパチリ!「めがね」舞台挨拶
メニュー

監督&キャスト&観客全員が眼鏡をかけてパチリ!「めがね」舞台挨拶

2007年9月11日 12:00

メガネっ娘だらけ!? (左から)もたいまさこ、市川実日子、 小林聡美、加瀬亮、荻上直子監督「めがね」

メガネっ娘だらけ!?
(左から)もたいまさこ、市川実日子、
小林聡美、加瀬亮、荻上直子監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「かもめ食堂」のキャストとスタッフが再び集結した「めがね」の試写会が9月10日、東京・新宿のテアトルタイムズスクエアで行われ、舞台挨拶に主演の小林聡美をはじめ、もたいまさこ、加瀬亮市川実日子、監督の荻上直子の5人が、劇中で使用していた眼鏡をかけて登壇した。「めがね」は、人生の小休止に、南の島のとある海辺の小さな町を訪れた女性が、のどかな時間と、そこで出会う人々との触れ合いを通して、慌しい日常で失いかけていた何かを取り戻していくストーリー。鹿児島県与論島のゆったりとした自然が心地良い映画だ。

質疑応答の中で、「印象的な台詞は何か?」という質問に対し、出演者全員が口を揃えて「もたいさんの、とあるシーン」と答えたものの、「どの台詞かは、実際に映画を見ていただきたいので秘密です」(小林)と、公開前だけにネタバレを避けて意味深な発言に終始した。今回、台詞がとても少なかった当のもたいは、マイクの電源がオフのままでもたついたり、独特な間でコメントを発したりと、マイペースで個性的な映画のキャラクターそのままの存在感で、会場を微笑ませた。

そんなもたいと「かもめ食堂」に続いて再共演となった小林は、「やっと皆さんに見ていただける機会が訪れて嬉しい」と、作品の出来にも満足気な様子。荻上監督も「台詞もさることながら、台詞がないところの空気感も良いので、是非見て楽しんでください」とコメントし、最後は観客も全員メガネをかけて映画のヒットを願って、監督、キャストとともに写真撮影を行った。

めがね」は9月22日全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi