「かもめ」スタッフ&キャストが南の島に再結集した「めがね」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月4日 > 「かもめ」スタッフ&キャストが南の島に再結集した「めがね」
メニュー

「かもめ」スタッフ&キャストが南の島に再結集した「めがね」

2007年7月4日 12:00

与論島にはゆる~い風が吹いてます! (左から)加瀬亮、市川実日子、小林聡美、もたいまさこ、 荻上直子監督、光石研「めがね」

与論島にはゆる~い風が吹いてます!
(左から)加瀬亮、市川実日子、小林聡美、もたいまさこ、
荻上直子監督、光石研
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「かもめ食堂」(05)のスタッフとキャストが再び集結し、南の島の海辺を舞台にゆったりとした人間模様を描く「めがね」。7月2日、東京・新橋のスペースFS汐留にて完成記念特別試写会が行われ、主演の小林聡美市川実日子加瀬亮光石研、もたいまさこ、荻上直子監督が舞台挨拶を行った。

映画は、小林演じる旅人タエコがたどり着いた海辺の宿を舞台に、男女5人の交流が描かれており、撮影は3月から4月にかけて奄美諸島の与論島で行われた。「かもめ食堂」に続いて主演を務めた小林は、撮影について「私の役はリラックスできないという設定だったが、島はマイナスイオンとα波の嵐で、ここでリラックスしないでどうするんだという環境。そんな中で皆が和気あいあいと撮影できた」と話す。

また、タエコを追って島にやってくる青年を演じた加瀬も、「撮影前はやる気十分で島に向かったが、着いてから最初に目にしたのが、もたいさんとヤギが散歩しているところだった(笑)。その瞬間に自分の中で何かが飛んでいってしまった」と、撮影の外での面白エピソードを暴露。これを受けたもたいは、「私も加瀬君のように、東京にいるときは(役作りについて)ああでもないこうでもないと色々考えていた。でも島に一歩入った瞬間、“全ては無駄なんだ”と感じた。それからはヤギと散歩したり、100円均一でいらない物を買い集めたり(笑)。ぜひ皆さんも一度(与論島に)行ってみてほしい」と、島の不思議な魅力を語った。

最後に荻上監督から、「映画全体にゆるい風が流れたらいいなと思って作った作品。気持ちよく見て気持ちよく帰ってもらいたい」とメッセージが贈られた。

めがね」は9月22日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi