YOSHIKI、映画音楽で世界に進出!「カタコンベ」プレミア試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月21日 > YOSHIKI、映画音楽で世界に進出!「カタコンベ」プレミア試写会
メニュー

YOSHIKI、映画音楽で世界に進出!「カタコンベ」プレミア試写会

2007年9月21日 12:00

全世界共通のメインテーマソングを手掛けた YOSHIKI「カタコンベ」

全世界共通のメインテーマソングを手掛けた
YOSHIKI
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットした「ソウ」シリーズの製作陣が新たに手掛けたサイコ・スリラー「カタコンべ」。9月20日、東京のお台場シネマメディアージュにてプレミア試写会が行われ、来日した監督のデビッド・エリオット、プロデューサーのマーク・バーグ、メインテーマソングを手掛けたYOSHIKIらが舞台挨拶に登壇した。

同作は、パリのアンダーグラウンド・パーティに誘われた女子大生(シャニン・ソサモン)が、何世紀もの昔に作られた巨大地下墓地“カタコンべ”に迷い込み、暗闇の迷路にたった1人で置き去りにされた恐怖を描くサイコ・ハラスメントスリラー。

全世界で使用されるメインテーマ曲を作曲した元・X JAPANのYOSHIKIは、熱狂的に出迎えたファンを前に、開口一番「ただいま」と挨拶。「何を言ったら良いのか分からないな」と照れながらも、「こんなに温かく迎えてくれてありがとう」と手を振って応えた。

さらに、テーマ曲の「Blue Butterfly」については、「ロックとダンスミュージックを融合させてほしいと依頼を受けた。この曲は、自分にとっての最先端。元々は日本でのテーマ曲をという話だったけど、全世界で流れることになって嬉しい」と笑顔を見せ、「この映画でマークらと知り合うことができたことを光栄に思う。そのおかげで、マークの新作で音楽監督をすることになった」と発表した。その新作とは「ソウ」シリーズのダーレン・リン・バウズマンの最新監督作で、サラ・ブライトマンパリス・ヒルトンが出演する「Repo! The Genetic Opera!(原題)」というホラー・ロック・オペラ。プロデューサーのバーグが、テーマソングをはじめとする全編の楽曲を書き下ろす予定のYOSHIKIが製作にも携わることを明かすと、会場は静かな興奮に包まれていた。

カタコンベ」は10月6日よりお台場シネマメディアージュほか全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi