3DCGアニメ「ベクシル」がロカルノ映画祭オープニング作品に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月17日 > 3DCGアニメ「ベクシル」がロカルノ映画祭オープニング作品に!
メニュー

3DCGアニメ「ベクシル」がロカルノ映画祭オープニング作品に!

2007年7月17日 12:00

海外からのさらなるオファーに期待「ピンポン」

海外からのさらなるオファーに期待
(C)2007「ベクシル」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 黒木メイサ谷原章介松雪泰子が声優を務める、「ピンポン」の曽利文彦監督の3DCGアニメーション「ベクシル/2077日本鎖国」が、8月1日からスイスで開催される第60回ロカルノ映画祭のオープニング作品に選ばれ、ワールドプレミアが行われることになった。また、小林政広監督・脚本の「愛の予感」が、国際コンペ部門(59年に市川崑監督の「野火」がグランプリ受賞)へ出品される。

ロカルノ映画祭は、カンヌ、ベネチア、ベルリンと並ぶ国際映画製作者連盟公認の世界12大国際映画祭の1つ。過去にも「マトリックス」「X-MEN」などのオープニング上映されたが、邦画は01年の「ファイナルファンタジー」以来。7000人収容のヨーロッパ最大級のスクリーン(26×14メートル)を持つ、ロカルノ名物のメイン会場“ピアッツァ・グランデ”で野外上映される。

70年後の未来世界が舞台の「ベクシル」は、ハイテク技術を駆使し完全な“鎖国”を実現した日本に、黒木が声を担当するアメリカの女性特殊部隊員が潜入し、想像を超えて変貌した日本の姿を目の当たりにするというストーリー。洗練されたCG技術が完成前から海外で高い評価を受け、既に75カ国での公開が決定している。なお、ロカルノへは曽利監督が駆けつける予定。8月9日には凱旋帰国した監督に黒木ら声優キャストが加わってジャパンプレミアが行われ、18日より全国ロードショー。

なお、eiga.comでは現在、「ベクシル」独占試写会の応募受付中(締切は7月31日)。世界が注目する話題作をいち早くご覧になりたい方はご応募お忘れなく。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi