トム・ハンクス製作のファンタジーに、ティム・ロビンス出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月17日 > トム・ハンクス製作のファンタジーに、ティム・ロビンス出演
メニュー

トム・ハンクス製作のファンタジーに、ティム・ロビンス出演

2007年7月17日 12:00

[映画.com ニュース] 「ミスティック・リバー」でアカデミー助演男優賞を受賞したティム・ロビンスが、ジェニー・デュープロのSFファンタジー小説「エンバー/失われた光の物語」を映画化する、20世紀フォックス映画「City of Ember」への出演が決まった。米バラエティ紙によると、「ポーラー・エキスプレス」のトム・ハンクス率いるプレイトーンと、「ナルニア国物語」シリーズを製作するウォールデン・メディアが共同製作するという。

同作は、光が失われようとしている惑星に住む10代の少女リーナと少年ドーンが、光を復活させるため、その都市についての古代の謎を巡る冒険の旅に出るというストーリー。監督は「モンスター・ハウス」のギル・キーナン、脚本は「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「ティム・バートンのコープスブライド」のキャロライン・トンプソンが担当。

少年の父親を演じるロビンス(「宇宙戦争」)の他のキャストも続々と決定しており、少女リーナ役にはピーター・ジャクソン監督の新作「ラブリー・ボーン」へ主演することに決まったセルシャ・ローナン、エンバー市長役に「ライフ・アクアティック」のビル・マーレイ。他に、「エド・ウッド」でアカデミー助演男優賞に輝いたマーティン・ランドー、「スパイ・ゲーム」のマリアンヌ・ジャン=バプティストらが出演。08年10月10日の全米公開を目指し、今夏撮影開始される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi