「ニュー・シネマ・パラダイス」のトルナトーレ監督、モスクワ映画祭監督賞に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月10日 > 「ニュー・シネマ・パラダイス」のトルナトーレ監督、モスクワ映画祭監督賞に
メニュー

「ニュー・シネマ・パラダイス」のトルナトーレ監督、モスクワ映画祭監督賞に

2007年7月10日 12:00

モスクワ映画祭で監督賞を受賞した 「題名のない子守唄」「ニュー・シネマ・パラダイス」

モスクワ映画祭で監督賞を受賞した
「題名のない子守唄」
(C)2006 MEDUSA FILM - MANIGOLDA
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ニュー・シネマ・パラダイス」で世界中の映画ファンを感涙させたイタリアの映画監督ジュゼッペ・トルナトーレが、新作サスペンス「題名のない子守唄」(今秋日本公開)で、第29回モスクワ国際映画祭(6月21日~30日)監督賞を受賞していたことが分かった。

同作はトルナトーレ監督にとってモニカ・ベルッチ主演の「マレーナ」以来6年ぶりの新作で、ヒロインを務めるのはロシア人女優クセニヤ・ラポポルト。ウクライナから北イタリアへやって来たミステリアスな家政婦を描く。07年アカデミー名誉賞を受賞したエンニオ・モリコーネによるノスタルジックなスコア音楽も話題。今年6月に発表された本国イタリアの伊アカデミー賞(デビッド・ディ・ドナテッロ賞)では作品・監督・主演女優・音楽・撮影の主要5部門を受賞している。

モスクワ国際映画祭は“隔年”開催される映画祭で、61年に「裸の島」(新藤兼人監督)、75年に「デルス・ウザーラ」(黒澤明監督)がグランプリを受賞したことで知られる。フェデリコ・フェリーニ監督が63年の「8 1/2」と87年の「インテルビスタ」で、エットレ・スコーラ監督が75年の「あんなに愛しあったのに」でグランプリに輝くなど、イタリアの巨匠に何かと縁がある映画祭だ。

なお、同映画祭グランプリは、ベラ・ストロゼバ監督(ロシア)の「Travelling with Pets」だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi