原作のもつ温かさを再現。「シャーロットのおくりもの」監督が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月19日 > 原作のもつ温かさを再現。「シャーロットのおくりもの」監督が語る
メニュー

原作のもつ温かさを再現。「シャーロットのおくりもの」監督が語る

2006年12月19日 12:00

「シャーロットのおくりもの」ゲイリー・ウィニック監督「シャーロットのおくりもの」

「シャーロットのおくりもの」ゲイリー・ウィニック監督
[拡大画像]

1952年に発表されて以来、世界で4500万部のベストセラーとなり、今なお読み継がれているE・B・ホワイトの児童小説「シャーロットのおくりもの」が、豪華キャストを迎えて映画化された。そんな本作を手がけたゲイリー・ウィニック監督に、作品について語ってもらった。

「小さすぎるから育たないかもしれない」と、生まれてすぐに間引きされそうになった子ブタのウィルバー。彼を助け、温かく見守るクモのシャーロットや、農家の娘ファーンとの友情、生命の尊さといったものを描いた原作は、アメリカでは教科書にも採用されているという。「私も子供の頃に読みましたが、ブタとクモが出てくるという以外、実は細かいところは忘れていました。今回、映画化するにあたって読み直し、この作品にとって友情や約束、信頼といったことがとても大切だとわかり、その部分を大事にして描きました」

印象的なのは、クモのシャーロットの声を担当したジュリア・ロバーツの、温かく包容力を感じさせる声。出産し、女優業を休んでいた彼女を動かしたものは「原作のもつ物語の素晴らしさに他ならない」と監督。「あの原作を読んだ人のほとんどは、この映画にぜひ参加したいと言いますよ。彼女の場合もそうでしたし、(コミカルな馬の声を担当している)ロバート・レッドフォードも原作を読んでいて、頼んだらすぐにOKしてくれました」

そしてもうひとつ、本作の温もりある作品世界の創造に貢献しているのが、ダニー・エルフマンによる音楽だ。「彼は非常に美しいスコアを書く人ですが、あまり感傷的なものにはならいんです。スタジオから著名な作曲家のリストがずらりと並んだリストが送られてきたのですが、今回はあまりお涙ちょうだいなものになってはいけないけれど、美しい音楽が必要でしたので、すぐに彼に頼みました」

シャーロットのおくりもの」は、12月23日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi