「シャーロットのおくりもの」吹替版の豪華声優陣がお披露目! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月20日 > 「シャーロットのおくりもの」吹替版の豪華声優陣がお披露目!
メニュー

「シャーロットのおくりもの」吹替版の豪華声優陣がお披露目!

2006年10月20日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

「シャーロットのおくりもの」吹替を担当する役者たち (後列左から)山寺宏一、ヒロミ、千原靖史、千原ジュニア、LiLiCo (前列左から)松本伊代、福田麻由子、鶴田真由「シャーロットのおくりもの」

「シャーロットのおくりもの」吹替を担当する役者たち
(後列左から)山寺宏一、ヒロミ、千原靖史、千原ジュニア、LiLiCo
(前列左から)松本伊代、福田麻由子、鶴田真由
[拡大画像]

1952年の発表以来、全世界で4500万部を販売したE・B・ホワイトのロングセラー児童文学を映画化した「シャーロットのおくりもの」が、12月23日から日本公開となる。映画は、農場に生まれた子ブタのウィルバーと農場の娘ファーンとの友情や、ウィルバーを見守るクモのシャーロットの愛情を描いた物語。ファーンをダコタ・ファニングが演じ、シャーロットの声をジュリア・ロバーツが担当している。

そんな本作の日本語吹替版を担当する声優陣のお披露目が、10月18日、パークハイアット東京(東京・新宿)にて行われ、鶴田真由福田麻由子山寺宏一ほか吹替版メインキャストが登壇。山寺以外はこれからアフレコに臨むということで、「ジュリア・ロバーツさんの声が力強くて、それに倣ってがんばりたい」(鶴田)など、抱負を語った。また、声優初挑戦となるキャストから「緊張している」との声がいくつかあがるなか、劇中で夫婦のガチョウ役を夫人の松本伊代とともに担当するヒロミは、「2人揃ってこういう場に出るのは結婚会見以来なので」と、別の意味で緊張していた様子だった。会見の最後には劇中のウィルバーそっくりの子ブタが登場。当初はこちらも緊張していた様子だったが、福田に抱かれると大人しくなり、キャスト陣からも「飼いたい」「おいしそう」(!?)といった声があがっていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi