ダコタ・ファニング来日。日本の天才子役とご対面 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月1日 > ダコタ・ファニング来日。日本の天才子役とご対面
メニュー

ダコタ・ファニング来日。日本の天才子役とご対面

2006年12月1日 12:00

画像1

[拡大画像]

全世界で4500万部を超えるE・B・ホワイトのベストセラー児童文学を映画化した「シャーロットのおくりもの」で、主演ダコタ・ファニングゲイリー・ウィニック監督が来日。11月29日、東京国際フォーラム(東京・有楽町)で開催されたジャパンプレミアで舞台挨拶を行った。

まだ12歳とはいえ、すでに多くの大物俳優と共演する売れっ子女優のダコタは、こうした場での受け答えも手馴れたもの。「この映画は友情を描いたものですが、日本の皆さんは温かくフレンドリーなので、よく理解してもらえると思います」と挨拶し、さらに本作のもうひとつのテーマである奇跡について「(もし奇跡が起こるなら)世界がもう少し温かく、ひとつになってくれれば」と、世界平和にも言及していた。続けて舞台上には、日本語吹替えを担当した鶴田真由福田麻由子高橋英樹も登壇。ダコタ演じるファーンの吹替えを担当した福田は、映画「日本沈没」や多数のTVドラマで名子役として注目される、ダコタと同じ12歳。2人が並んだ姿に監督が「世界で最も素晴らしい2人のファーンが揃い、今日は本当に奇跡が起こったようです」と賞賛を送り、多くの女優と共演してきた高橋も、まじまじと2人を見つめ「かわいいですね」と目を細めていた。舞台挨拶の最後にはブタのウィルバーも登場し、全員でフォトセッションに応じた。

シャーロットのおくりもの」は、12月23日より公開。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「シャーロットのおくりもの」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「シャーロットのおくりもの」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「シャーロットのおくりもの」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像19

画像20

画像21

画像22

画像23

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「シャーロットのおくりもの」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


「シャーロットのおくりもの」(左から)福田麻由子、高橋英樹、 鶴田真由、ゲイリー・ウィニック監督、ダコタ・ファニング「シャーロットのおくりもの」

「シャーロットのおくりもの」(左から)福田麻由子、高橋英樹、 鶴田真由、ゲイリー・ウィニック監督、ダコタ・ファニング

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi