ベンダース、アメリカ滞在を総括。「アメリカ,家族のいる風景」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月1日 > ベンダース、アメリカ滞在を総括。「アメリカ,家族のいる風景」
メニュー

ベンダース、アメリカ滞在を総括。「アメリカ,家族のいる風景」

2005年11月1日 12:00

ビム・ベンダース監督「アメリカ,家族のいる風景」

ビム・ベンダース監督
[拡大画像]

アメリカの友人」「パリ、テキサス」で知られ、現在「ランド・オブ・プレンティ」も絶賛公開中のビム・ベンダース監督が、今年のカンヌ映画祭コンペティション部門に正式出品された最新作「アメリカ,家族のいる風景」のPRのため来日。10月26日、東京・恵比寿のウェスティンホテル東京にて記者会見を開いた。

84年の「パリ、テキサス」から20年。俳優で劇作家のサム・シェパードとベンダースが久々にコンビを組んだ本作。シェパード扮する孤独なB級映画の老スターが、母親から自分の息子の存在を知らされ、息子を捜す旅に出るというストーリーで、製作の経緯を聞かれたベンダース監督は「たまたま電話したら、いつも家にいないサムが家にいた。それで映画のアイデアを話したら、彼も彼で、私と連絡を取ろうと思っていたようで、やってみようということになった」とコメント。

また、96年にアメリカ・ロサンゼルスに住んで以来、アメリカを中心に映画製作をしていたベンダース監督だが、アメリカへのこだわりについて「アメリカで起こることは、必ず2~3年後に世界のどこかで同じようなことが起こる。まあ、近未来みたいなものなんだろうね。あとは、やはり風景の力だね。アメリカの風景は世界中のどこの風景とも違うんだ」

この映画は「アメリカ合衆国には色々問題も多いが、まだまだ美しい国なんだということを伝えたくて作りました。これは、8年間住んだアメリカへの想いを総まとめにしたような作品です」とし、アメリカを離れることを表明した。「アメリカ,家族のいる風景」は06年陽春公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi