売り込みも大事。「アメリカン・スプレンダー」の原作者が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年5月11日 > 売り込みも大事。「アメリカン・スプレンダー」の原作者が来日
メニュー

売り込みも大事。「アメリカン・スプレンダー」の原作者が来日

2004年5月11日 12:00

ハービー・ピーカー「アメリカン・スプレンダー」

ハービー・ピーカー
[拡大画像]

クリーブランドの病院事務員として働く男が、自らの冴えない日常をコミカルに描いたコミックの映画化「アメリカン・スプレンダー」。7月の日本公開に先駆け、原作者で出演もしたハービー・ピーカーが家族を伴って来日、5月10日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて会見を開いた。

昨年度の賞レースを大いに盛り上げ、脚本ではアカデミー賞にもノミネートされた本作だが、その功績はそのまま原作者によるものといっていいほどハービー・ピーカーの個性は際立っている。会見では映画よりもハービー自身、そしてコミックについての質問が目立ち、客席にいた妻のジョイスさんが映画そっちのけで「日本でコミックの版権を買ってくれるところはないか聞きなさいよ」とハービーを叱咤していたのが爆笑を誘った。また、日本のコミックについては「たくさんは読んでないが、多くの大人が読むだけあって非常にレベルが高いと思う。是非日本の人にも私のコミックを読んで欲しい」とPRした。なお、タイトルの「アメリカン・スプレンダー(アメリカの輝き)」とは、皮肉を込めてつけたものだそう。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi