ライトセーバーはダメ?「踊る2」がルーカスの元で焼き直し : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年12月2日 > ライトセーバーはダメ?「踊る2」がルーカスの元で焼き直し
メニュー

ライトセーバーはダメ?「踊る2」がルーカスの元で焼き直し

2003年12月2日 12:00

(左より)本広克行監督、亀山千広プロデューサー「踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN2」

(左より)本広克行監督、亀山千広プロデューサー
[拡大画像]

国内で今年最高の興行収入を記録し、現在もロングランヒット中の「踊る2」。そのインターナショナルバージョン「踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN2」の公開が正式決定し、去る11月26日、亀山千広プロデューサーと本広克行監督が東京・日比谷の帝国ホテルにて会見を行った。

この新バージョンは、ジョージ・ルーカスのスカイウォーカー・サウンドでサウンドをリミックスすることが話題だが、亀山氏によると、この新バージョン製作のきっかけは、「踊る2」のライバル作品と目していた「マトリックス・リローデッド」を観た際に、その音響の圧倒的な迫力に衝撃を受けたことだという。

本広監督は「現地のサウンドデザイナーの意見を取り入れて、全く新しい作品になった。オリジナル版を観た人にも楽しんでもらえる」と生まれ変わった作品をPR。また、「ヘリコプターの登場シーンは『地獄の黙示録』のような音に、とリクエストしたら本当にその通りに音を付けてくれた。調子に乗ってライトセーバーの音も使えないか聞いたら、ルーカスの許可がいるので駄目だと断られましたけど(笑)」とハリウッドのスタッフたちとの仕事を振り返った。

なお、上映時間はオリジナル版より18分短くなり、コメディの要素が強くなっているとのこと。12月20日よりみゆき座ほかにてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi