パトリス・ルコント監督が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年12月10日 > パトリス・ルコント監督が来日
メニュー

パトリス・ルコント監督が来日

2002年12月10日 12:00

パトリス・ルコント監督「髪結いの亭主」

パトリス・ルコント監督
[拡大画像]

髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」で知られるパトリス・ルコント監督が、最新作「歓楽通り」のプロモーションのために来日。6日、東京・銀座のヤマハホールで行われた試写会で舞台挨拶を行った。

本作は、モノクロの映像が美しいバネッサ・パラディ主演のラブストーリー「橋の上の娘」の脚本家と再び組んだ作品。「彼の方から映画を作ろうと声をかけられたんだが、ストーリーは内緒で教えてもらえなかった。でも、彼のシナリオが好きなので即OKしたんです。1945年のパリ、戦後の売春宿が舞台ということだけ教えてくれたので、そこから想像の翼を広げて、当時の売春宿を思い描いていました。女性たちのおしろいや香水の匂いなんかをね。数カ月後に完成したシナリオは、想像以上のものでした」と語った。主演女優のレティシア・カスタについては「2カ月半、レティシアと一緒に仕事ができたのは素晴らしい体験でした。皆さんも映画を観てレティシアとの時間を楽しんでほしい」とベタぼれの様子。来年には、レティシア本人の来日も予定されているという。監督曰く「官能的で輝いていて、それでいて物哀しいストーリー」の本作は、来年春、シネマライズほかにて公開される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi