歓楽通り
ホーム > 作品情報 > 映画「歓楽通り」
メニュー

歓楽通り

劇場公開日

解説

「髪結いの亭主」「橋の上の娘」のパトリス・ルコント監督の新作。舞台は、45年のパリ最後の娼館。この館で娼婦の息子として生まれ、娼婦たちの身の回りの世話だけをして生きてきた中年男プチ=ルイ。彼は歌手を夢見る若い娼婦マリオンと出会う。マリオン役は、イブ・サンローランの最期のミューズとして知られる、トップモデル出身のレティシア・カスタ。モーリス・シャバリエ、ミスタンゲットなどのシャンソンが全編を彩る。

作品データ

原題 Rue des plaisirs
製作年 2002年
製作国 フランス
配給 松竹、メディア・スーツ、シネマパリジャン
上映時間 91分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ある意味、ルコント映画の集大成
歓楽通りの映画評論・批評

戦前のパリ、とある娼館に生まれ育った男プチ・ルイと、娼婦マリオンの物語。といっても、2人は恋仲ではない。プチ=ルイはさえない小太りの中年。マリオンはうら若き美女。しょせん高嶺の花なれど、あなたこそ運命の女、お慕いします、尽くしますと、...歓楽通りの映画評論・批評

他のユーザーは「歓楽通り」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi