被ばく牛と生きる
ホーム > 作品情報 > 映画「被ばく牛と生きる」
メニュー

被ばく牛と生きる

劇場公開日

解説

東日本大震災による原発事故の影響で被ばくした牛たちを、殺処分せずに生かし続ける畜産農家たちの静かな戦いを記録したドキュメンタリー。2011年、東日本大震災と福島第一原発事故から1カ月後、原発から20キロ圏内は立ち入りが厳しく制限され、同年5月、農林水産省は20キロ圏内のすべての家畜の殺処分を決める。自分たちが育ててきた命を奪うことに納得ができないまま、涙を飲んで処分を断行した農家が多数の中、膨大な餌代を自己負担しながら牛を生かし続けようとする農家が現れるのだが……。故郷も仕事も奪われ、経済的価値のない牛を生かし続ける人々の5年間の姿を通し、生き物の命の価値や尊厳を問う。ナレーションは女優の竹下景子が担当。

スタッフ

監督
プロデューサー
榛葉健
撮影
名木政憲
田中義久
松原保
整音
吉田一郎
編集
松原保
音楽
ウォン・ウィンツァン
音響効果
吉田一郎
ナレーション
竹下景子
題字
日野松白
プロダクションマネージャー
松原真理子

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 太秦
上映時間 104分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全1件)
  • やっぱり復興なんて進んでいない インフラ工事の進展にばかり目が向くけれど、確かにこういう問題も大きい。ある意味で、本当の意味で個々のエリアの実態に向き合って復興を考えているかを図る物差しのひとつかもしれない。誰も想像していなか... ...続きを読む

    こばりん こばりんさん  2017年11月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「被ばく牛と生きる」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi