デトロイトのレビュー・感想・評価

メニュー

デトロイト

劇場公開日 2018年1月26日
125件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

他人ごとと思うのは早計。

人間は偏見と状況とが合わさるとどれだけ酷いことができるのか。その一点を、現実に起きた事件を元に克明に表現している。もちろん楽しくないし辛い。

ただ、誰の心にもヘイトの芽が眠っていることが顕在化してきた現代にあって、この映画は決して他国の昔話や他人ごとではないのではないか。それはウィル・ポールター演じる最大の憎まれ役である白人警官が、性質として邪悪に寄っているかも知れないが、決して心が強い者として描かれていないことからもわかる。弱く怯えているからこそ彼と仲間たちは暴走するのである。

実際のアルジェモーテル事件では、二人の少女は「黒人といちゃつきやがって」と警官たちに裸にされたという。そこをぼやかした意図はちょっとわからない。これ以上陰惨になると伝えたいテーマが伝わらないと判断されたのだろうか。いずれにせよ、自分がいかに弱き者であるかと向き合うためにも、誰もが観て損はない力作だと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年1月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

手を伸ばすと火傷を負いそうなほどの臨場感

ビグローとボールが放つ実録ドラマはここにきてさらに密度を高め、67年を単なる歴史の通過点でなく、手を伸ばせば火傷を負うほどの臨場感で提示する。前半部はそのスケールの大きな全体像を、事件の着火点から時系列的に描き、後半は舞台を一点にクローズアップしてどんな異様な状態に見舞われていたのかを克明に記していく。全くもって異なる限界状況だが、いずれも精神の制御盤が吹っ飛び、暴走し、歯止めが効かなくなってしまった状態であることは共通している。

感心させられるのは、本作が規定の結論へ観客を誘導するのではなく、あくまで自分らの集めた証言をもとに再構築を図ろうとする作法だ。特定の人物を悪と断罪するわけでなく、むしろ被害者と加害者にどのような心理が働いたのか、各々がどんな性格の持ち主だったのかの描写も手を抜かない。それがさらなる臨場感を生む。緊張感も凄まじいが、その筆致に、今回も心底驚愕させられるのである。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年1月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

怖かった

これはアメリカの黒歴史なのか
人は皆、自身より下の物を作りたがる。日本でもあるが、海外のはかなりエグい
今現在でもアメリカの本質には有るのだろう
だから最後は神に頼る

Daikokumai
Daikokumaiさん / 2018年2月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ここに正義は、ねぇ!

 新たに暴動起こしそうな映画ですね。
 部屋とワイシャツと私ならぬ、密室と鉄砲と拷問。監督のビグロー姐さんの好物が、怒涛の勢いで攻めてくるので、思わずアムロも気を失う…って、ごめんなさい。それ、違う話でした。
 肌の色が異なるだけで、苦しみ続ける歴史は、数えきれない映画になりました。描かれた年代順に並べると、少しずつ、法整備は進んだようです。でも、溝は埋まらない。むしろ分断が進んでいるのかも。
 映画ひとつ観たところで、世界が変わるとは思いませんが、未来が要求しているものが、報復なのか、相互理解なのか、考えるきっかけには、なりました。法律変える前に、人が変わらないとね。

機動戦士・チャングム
機動戦士・チャングムさん / 2018年2月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

白人ならシロか ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アニメーションから始まる本作。

黒人の挑発と暴動に対し、過剰なまでに反応する白人達。
終盤には観ているこちらにも、白人に両脇挟まれ、白人を前に座るだけで、黒人が密かに抱く恐怖感と威圧感が伝わっきました。

どちらか一方に偏ることなく実際の事件を描いている為か、むしろとてもやるせない気持ちになりました。

Larryが暴行を受けて歌えなくなったらと心配しましたが、教会という新たなステージで歌ってらっしゃるとのこと。その歌声に涙が出ました。

everglaze
everglazeさん / 2018年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカの暗部と明部

スリービルボードを見て、人間の心の根深さを考えさせられたが、このデトロイトはアメリカの持つ差別意識の根底と人の恐さに目を背けたくなった。銃規制の問いをそのままにしている現代のアメリカの姿がそこにあった。しかし、それをハリウッドが取り上げる姿に頭が下がる。我が日本、日本人として問いかけなければならないんだと思いませんか。

ぽっくん
ぽっくんさん / 2018年2月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ユダヤ人虐殺と同じ。 偏見、権力、不安等から狂気が生まれる。 政府... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ユダヤ人虐殺と同じ。

偏見、権力、不安等から狂気が生まれる。

政府は見て見ぬ振り、隠蔽までしようとする

司法も味方ではない。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

息も詰まる緊迫感

ビグローの追求するリアリズムはとどまるところを知らない。

一旦、事件現場となったモーテルに場面が移った途端、ほとんどカメラは外部に出ることなく至近距離で事件の一部始終を追う。
息が詰まらんばかりの緊迫感と、登場人物たちの狂気。

人種差別を差別される側に立ってことさらに非難するのでもなく、黒人たちのおろかな行動もリアルに描き出す。

恐ろしいのは、常軌を逸した市警の警官よりも、人権問題に関わりたくないと、その場を後にする州兵の行動だ。
止めることができたのに、止めなかった者の罪は重いと思うが。

事件が収束したその後、
スター・ウォーズのフィン演じる警備員が、一転罪を着せられる展開から、
罪の重荷に耐えかねた警官の自白、
裁判へと急展開。
どの人物にも寄り添うことなく、ドライかつスピーディーに結末へと走り抜ける。

観る者は、これが実際に起きたことだということに、ただただ驚愕し、戦慄を覚えるのだ。

kazz
kazzさん / 2018年2月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本人の私には戸惑いしかない…

白人の迫害から不満を募らせてきって爆発したデトロイト暴動。だけど自分の街に放火し奪略する黒人には同情も沸かず、どんな理由があろうとバカな奴としか思えず。壊された窓ガラス、略奪、放火…。瓦礫の街の惨状に、「地震が起きないから出来るのかな💢人に責任はなくとも大地震起きればこんな惨状にすぐなるのに」という思い。
そして対する白人もバカな奴だった。
いや白人が、黒人が、ではなく『権力や特権、暴力を持った奴』がどうしようもなく無知で横暴だった。

人種に関係なく、光るダイヤモンドのような人間も描かれている。
「時計仕掛けのオレンジ」の主人公のような白人の警官役の俳優さんの迫力、モーテルにいた被害者を演じた俳優さんたちの怪演があってこちらも恐怖で震えた。

夢は映画館の部屋を作ること。
夢は映画館の部屋を作ること。さん / 2018年2月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胃がいたい

緊張感と閉塞感。圧倒的絶望感。

echo
echoさん / 2018年2月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

明けない夜があった。

映画を見終わったあと、とにかく誰かとこの映画について考えたことを話してみたいと強く思いました。

あの現場にいた人たちは、白人にしろ、黒人にしろ、それぞれどんな朝を迎えたのだろう。
こんなに希望が持てない映画は初めてだったかもしれない。
無念すぎます。
すすり泣く音が館内に所々響いたのが印象的でした。
私も怒りによって涙が込み上げました。
とても心に残りました。

映画は、夢や希望を与えるだけではなく、体験者じゃなくてもこんなに大きな痛みを残すことがあるのだなと知りました。
見終わっても、何もいいことはなく、辛いです。
肌の色って、何で違うんだろうという、どうしようもないことが、ぼんやり浮かんできてしまいました。
余程の覚悟を持って臨まないといけない映画です。
そして、それが本当にあったことだと知ると、いたたまれます。

愚かすぎる人々です。
一つ違う選択をすれば、全く(良い方へ)違ったのではないかと思ってしまいます。
共感とか、仕方がないよなとか、そんな気持ちが一つも湧きませんでした。
だから、ずっと「何でだよ!」という反発と怒りを伴って、映画を見ていました。

この問題作を、ちゃんと放映できるアメリカに敬意を表します。

ハクタカ
ハクタカさん / 2018年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

差別から生まれるイジメ

それぞれの登場人物の心理描写が非常に素晴らしかった。
人種差別をテーマに、暴力に抑圧されていく人々、暴力を振るう人々の緊迫した時間は見ていて息がつまるほどだ。

この映画を観た後は何日も心に残り色んな事を考えさせられるだろう。

差別とは決して特殊な問題でなく我々一般人も生きていくうえで、考え、答え出してなければいけない問題だ。

日本のような平和で一見問題のなさそうな社会ですら、差別から生まれる人間同士の上下関係をつける事で発生するいじめで苦しんでいる人々がいるのだから。

けんけん
けんけんさん / 2018年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1967年の悲劇

60年代デトロイトで起きた暴動から始まる。モーテルでの発泡が引き金となり、白人警官に無実の黒人と居合わせた白人女性が拷問を受け、裁判にまで発展する実話を基にした作品。

アメリカの人種差別は今なお根深く存在しているが、今になって白人至上主義に世界中が疑問視するようになっている。当時の白人による人種差別や横暴がたとえ裁判で裁かれなかったとしても、このような形で世界中に暴露されることで、時代が彼らを裁くことになるのであろう。

ただ、数十年後、揺り戻しが起こり、黒人や有色人種が世界を支配する時代が来てもおかしくはないので、いつの時代にも人種差別は起こりうる問題なのかもしれない。

モーテルのシーンでは全体的に緊張感や嫌悪感が感じられず、やや表面的な印象をうけたが、裁判のところまで含めるとしっかりと纏まった良作ではなかろうか。それと、これを観るとデトロイトがなぜゴーストタウンになったのかがよく分かるだろう。

TOKIES
TOKIESさん / 2018年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホラーより怖い

幽霊よりも怖いのは人間だ
この言葉を聞いて想像したのはクレイジーなストーカーだったけど、この映画を見て人間の恐ろしさに身体の芯から震えたよ。

動物は本能で生きている。
縄張り争いで時に生きる為に殺し合いをする。生きる為に他の動物を殺して食べる。しかし意味なく殺す事はない。本能で理解しているのだ。

動物と人間の違いは感情と理性がある事。感情があるから家族を愛し優しくなれる。感情があるから危害を加えられると怒る。

理性があるから怒りの感情をおさえられる。理性があるから怒りの感情で同種族の人間を殺してはいけないと思う。

しかしながら現代の人間は同種族である人間を様々な理由で殺す。

戦争と言う縄張り争い。
自分と違う者を排除しようとする差別。
理性があるのに、無意味に殺してはいけないと言う本能を感じない人間がいる。

動物としての本能や感情を理性で押さえられず人を殺す者は
野生の動物以下の存在なのではないのか?

黒人より白人がえらいと思い込み、平気で暴力をふるう人間は動物以下の存在ではないのか?

世の中のものにはすべて対があると言う。

男と女、空と海、光と闇、善と悪

理性がある人間、ない人間
差別する人間、しない人間
人を殺さない人間、平気で殺す人間

これは普遍的に存在する対となるものなのか?
理性と教養を持ち動物以下の人間がいなくなる世はこないのだろうか?

トランプが大統領になり、アメリカに潜んでいた差別主義者達が、理性を持っているはずだろう人間が、差別を声高に叫ぶ恐ろしさ。

この映画を二時間かけて見る事はもはやホラー映画よりも恐ろしい経験であった。

なぜならこれが遠くない過去に実際に起きた事件だから。

人間と言う生き物は本当に恐ろしい。

二時間半の間、その恐怖を喉元に突きつけらる恐怖はもはやトラウマだ。

今夜はホラー映画よりも怖い夢をみるだろう。

madamAN
madamANさん / 2018年2月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

黒人差別の歴史を

1960年代のアメリカはまだこんな状況だった、ということは、日本人も知るべきですね。

ブースカちゃん
ブースカちゃんさん / 2018年2月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後味の悪さ

テーマがテーマだけに面白い映画では当然無いわけだが、
警官役がとても気に入らない人間過ぎて凄い。
これが実話ベースで作られたというのは辛い。

toosumi
toosumiさん / 2018年2月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖すぎて

途中で吐き気が…。これが事実ならアメリカ嫌いになりそう😣💦

yupa
yupaさん / 2018年2月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Detroit 9本目。

非常に酷い作品。

ゆーすけ
ゆーすけさん / 2018年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今のアメリカを投影する映画

走り去る黒人を背中から撃つ警官の映像が流れる今のアメリカを知っていると昔の出来事とは思えません。

dilbert4216
dilbert4216さん / 2018年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

黒人のスターターピストルから始まった物語! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

自白のための拷問に悲痛!"(警官の無罪に怒り💢)

けん
けんさん / 2018年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

125件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi