彼女がその名を知らない鳥たちのレビュー・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち

劇場公開日 2017年10月28日
149件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

なんでここまで愛せるの?

最初はジンジのしつこい電話や異常なまでの心配性さが気持ち悪くて十和子が毛嫌いするのも納得だった。
でも最後その理由がわかる時、ジンジの愛が気持ち悪いものじゃなく父性とも言える深いものの様に感じた。しかし、ほぼ一目惚れで好きになった十和子をどうしてそこまで愛せるのか、わからなかった。過去の楽しい思い出があるわけでもないのに。

松坂桃李との濡れ場はとても色っぽくて素敵だった。
けど、話が進むにつれそのクズっぷりがあらわになり、十和子のどんな所がダメ男を引き寄せるのか気になった。

かおり
かおりさん / 2018年2月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最低にして最高

出演者みんなの演技に引きずりこまれ終始、集中して見ることが出来き、最後の終わり方は強烈で余韻から抜け出せませんでした。

十和子を愛し、必死に尽くす陣治の姿と
情緒不安定で心に闇を抱える十和子、
二人の事を見ていると 不幸になるべくしてなってしまったようで見ていて胸が苦しくなりました。特に陣治が毎朝、十和子のお小遣いを小さな箱(?)入れるシーンはなんともいえない気分になりました。

内容も濃くて深く誰も予想できない結末、
最高な作品でした。

m
mさん / 2018年2月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作に負けてない

原作のイメージでふたりは想像できなかったけど、ハマり役だった。
最後涙が出てしまった。
無償の愛、究極の愛。
じんじ、たったひとりのわたしの恋人。

まどかす
まどかすさん / 2018年2月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

余韻がものすごい

沼田まほかるワールドを白石監督が見事に映像化された作品だと思います。
それに応えた俳優の皆さんが素晴らしい。ラストのカタルシスがハンパなくて何度見ても涙が出ます。

十和子の複雑な感情をここまで表現できる蒼井優さん、本当にすごいと思います。なんでこんな女のために陣治が「十和子、十和子」と心配して執着するのか最初はわかりません。しかし最後まで見ると陣治は阿部サダヲさん以外考えられなくなります。

十和子は陣治の気持ちをよそに妻子ある水島(松坂桃李)と情事に溺れるのですが、この水島がもう中身ペラペラの最低なクズで、松坂さんよくこんな役受けたなぁと感心しました。ご本人はさわやかで好青年なイメージですが、見た目を武器に女を蔑ろにする役がこんなにハマると正直思っていませんでした(笑)ラブシーンがとてつもなくエロくて。。同世代でここまで演じられる人、現時点で他にいないのでは。松坂さんとなら不倫でも捨てられても何でもいいわと思わせる破壊力(笑)

もう一人、十和子の忘れられない昔の彼氏で竹野内豊さんも出てきます。こちらも水島とは種類の違うどクズでどうしようもないキャラでした。竹野内さんも新境地ではないでしょうか。

自分勝手なクズばかり出てくる作品ですが、意外とこういう人周りにいます。特に十和子みたいな女。
「あなたはこれを愛と呼べるか」呼びたいけど呼びたくありません(泣)
見終わったあとすぐにでも誰かと感想を共有したくなる作品だと思います。

azumina
azuminaさん / 2018年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

邦画の面白さが詰まってる!

めっっちゃくちゃ面白かったあー!
私が映画館に足を運ぶのは、こんな映画が観たいからだ。
映画、特に邦画に求める「面白さ」のエッセンスが全部詰まってた。

まず何しろエロい!
エロいシーンがちゃんとエロい!これ大事!
最初のホテルでの松坂桃李のキス&ベッドシーンは「ジョゼ虎」の妻夫木聡に匹敵するエロさだった。
「うわぁ、こんな男とこんな体験したら人生狂わされる……絶対ムリ…」と思ってしまう、松坂桃李の説得力よ!

そんな彼と対を成す、阿部サダヲの説得力もまた凄い!
「うわぁ、こんな男とキスしたら人生終わりだわ……絶対ムリ……」と思わされる不潔さ、キモさ!

そしてなんといっても蒼井優!
一見可愛いけど、ズボラで隙だらけで面食いで、いとも簡単に恋愛に依存してしまう…。
これもほんとに蒼井優が演じた故の説得力だった。

日本映画だと(このキャラクターでこの役者は美人/美男すぎるなぁ…)と小さく引っかかることがよくあるけど、この映画にはそういうキャラがひとりもいない。
全員にその役者が演じる必然性を感じたし、それぞれの演技も素晴らしかった。

事件の謎が露わになるサスペンスとしても充分堪能したし、ラストでは翌日目が腫れるぐらい泣いた。
そして何より、居酒屋でご飯を食べてたり、お姉さんの家で寿司を食べてたり、買ってきたパンで転んだり、…そういうひとつひとつのシーンがそれだけでとても面白かった。
そのぶん、終わってから振り返るとそれらがあまりにも切なくて、なんとも言えない余韻となって胸に残る。

最後に、この映画から「身の丈に合わない人間とお付き合いするとひどい目に遭うからやめとけ」という教訓を得たので、胸に刻んでおこうと思うw

本当に楽しい映画体験をありがとうございました!

hhelibe
hhelibeさん / 2018年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

純愛 サスペンス

どこにでも在りそうな平凡な日常からどんどん変わって行く、平凡な何でもない事が幸せだったと気付かされる。

calin
calinさん / 2018年2月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画らしい脚本 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冒頭、主人公は電話をかけてクレームをつける。そこから始まる映画のシーン。脚本は浅野妙子さん。原作には描いているが、主人公の母との関係があり、男性に固執してはいけないと思いながらも、過去愛した男に8年も固執している。
5年ぐらいなら、過去の男性を思い出したりするが、8年となると長いように感じる。それは、主人公が自立せず、男性に頼って生きているからかもしれない。毎日千円、二千円のおこずかいをもらい、ビデオを見ては時間を過ごす毎日。
文句ばかりジンジに言っている主人公。様々な動作を昔の恋人と比べ、「こんな男とどうして暮らしているのか」と夢想ばかり。
そして、とうとう、遊びの恋をする。
その男性も過去の男性同様、主人公とは遊びだったのだ。
ジンジは、古いマンションを買い、主人公と暮らすが、主人公の心はいつもどこかにある。「これは愛ではない」と。
昔、日本には「愛」という単語はなかった。
「情」という名の「愛」しかなかったのだ。
なんとなく、好きとかではなく、家同士のお見合いだったり。
まずは暮らしてみてから、徐々にお互いを知る。そんな営みだったはずだ。
しかし、現代は違う。年老いた親の為に結婚する人はおらず、「愛」という名目で婚姻するのだ。
つまり、価値観や、収入や、外見など「これぐらいだったら許せる」と思える人を自分で探さなくてはならない。
そして、それが崩れると離婚となる。
そこには親は関わらず、夫婦間の問題となる。
ジンジはそういうことは何も考えていない。ただ
主人公を幸福にするのは自分だけだと、大きな「情」で包み込むのだった。
最後のシンジのセリフは、とても重い。
そのセリフは映画館で聞いてください。
その言葉は「俺しか、お前のような人間を愛せるわけがない」
と言っているように感じる。
蒼井さんはきっと賞を取るでしょう。
女優として素晴らしい成熟期を迎えています。

tomokiri2216
tomokiri2216さん / 2018年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純愛の姿に心打たれました

悲しみに涙すれば、思考と感情が浄化される。日々雑事に追われ、澱みきってしまった敬虔な気持ちを少しでも甦らせることができ、足るを知る心境になれる。そんな効果を意図的に求めて自己啓発の助けとする、というのが「涙活」の定義なのかどうかは知らないけれど、私はそんなふうに解釈している。 涙活になることを期待して映画館へ赴いたこともある。病に侵され愛する人の記憶が薄れていくとか、愛しい子なのに難病で余命限られて、でも無邪気で朗らかな様子がかえって涙を誘い、とか、いかにもという設定の映画。 でも。ボロボロに泣くぞと身構えているのに意外と泣けない。ツッコミどころあっても目をつぶるから、しらける演技が入っても大目に見るから、とこちらは協調姿勢でいるのに。 どうやら涙というのは、自分が思ってる以上に不随で自律で正直なものらしい。 私はこの映画『彼女がその名を知らない鳥たち』を涙活の対象作品だとは考えていなかった。蒼井優を観にきたのが一番の理由。なのに、エンドクレジットに入って涙ぽろぽろこぼしてしまった。思いがけず涙活。 といってもストーリーが悲しかったのではない。ピュアなものに接して心がはげしく揺さぶられたゆえの涙というか、あまり日常では経験しない類の感動で、これぞ映画、映画の芸術性こここにあり、と感動は感動の連鎖を起こした。 つまり、とても良かったのである。 後から作品の内容を考え中、ある映画が重なってきた。その映画が一見掛け離れた作品であるのが自分でもおもしろいと思う。その作品とは『10 クローバーフィールド・レーン』。 こいつのは偽物だと思わせといて、実は本物だったと気づかされる展開は、見誤りを詫びる反動も加わって一層グッとくる。もとより本物さが尋常ではなく図り知れない度合いだし、泥中の蓮のごとく気づきにくく描かれていたし。 銀幕のうちでも稀なほどにピュア、またとない純愛の姿に心打たれました。

ピラルク
ピラルクさん / 2018年1月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間はそんなに正しくないよね。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

みんなクズ、共感0%っていってたけど 共感せずとも 世間には少なからず登場人物みたいな人達がいるような。
全肯定出来ずとも 人間はそんなに強くないから こういうことってきっとあるんだろうなぁと思わずにはいられなかった。
思い通りにはいかないこと、信じたい希望、歪んでいく理想、生活するってそういうことなのかも。

陣治って 出会った頃と映画の冒頭と違いすぎて そこもたくさん想像を掻き立てられたな。色んな想いが彼をあの見た目で性格にさせたんだよね?

やっぱり 美しい映画だったな。

水島さん 刺されたとこで 笑ってるの私だけだった。だってあの人刺されても仕方ないよー。

kimitobon
kimitobonさん / 2018年1月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストに感動

蒼井優と阿部サダヲの演技力。竹野内豊と松坂桃李の普段とは違う役柄。十和子と陣治のウザさがガラッと変わるラストシーン。「このラストはあなたの恋愛観を変える」この言葉に偽りなし!
疲れているはずなのに、まったく眠くならなかった。グイグイとストーリーにひきこまれました!!

リエコム
リエコムさん / 2018年1月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

人間の哀れ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

よくこれだけクズとゲスばかりの醜い恋愛模様を物語にできるなと
遠目から鑑賞するも、色々振り切って演技に賭けた役者陣の熱演が
リアルで生々しいので飽きない。共感枠のない主人公の行動ぶりに
翻弄されつつ悦ぶ中年男の哀れには泣けるがそれも好き好きだから。
個人的にはラストのあれがタイトルになるのかとちょっと脱力した。

ハチコ
ハチコさん / 2018年1月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後の最後に ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

予想外の展開が。
私の読みが甘かっただけかもしれないけど、良い意味で裏切られました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
最後の方は涙ボロボロでした。阿部サダヲさん良かったです。きったない役ハマってました。
でも、最後死ぬ意味あったのかな、あれでとわこは救われないですよね…逆にトラウマになりそうな。
生まれ変わったら可愛がってくれってとても詩的で素敵だとは思うけど、普通に考えたら順次が生きててとわこを支えてくれた方が良かった気が。
松坂桃李のえろい演技も良かったですw
個人的に思ったのが、蒼井優じゃなくて、主演は池脇千鶴でも面白かったかなぁ〜〜と思いました。
そして、将来的に川栄李奈にもこういう役合ってそうだなと思いましたw

凸子
凸子さん / 2018年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

共感度0% でも観てよかった度80%!

「観たらサダヲもっと好きになるよ」っていう伊藤さんの言葉に納得。
汚くて不潔、下品。
その容姿の理由が、ラスト10分ですべて解き明かされる。
松坂桃李がまた、いい!
ただ、撮り方?このシーンいらなくね?っていうのが割と多くてイライラしたから、白石監督との相性はイマイチかもなぁ…。

2018/01/17 @ヒュートラ有楽町

asa
asaさん / 2018年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まほかるさんの原作

ユリゴコロもこれも映画だけ観て原作は読んでません^^;
この映画も評判良さそうだったので「なんで?」と思いつつ去年は見送っていましたが、やっぱり気になるので。

そうか、前半のウザさはあいつとあの子のウザさを植え付けるための気持ち悪さだったのか。
この映画は最初に書いたように乗り気じゃなかったんだけど観に行ってよかったなあ。

らっこおやじ
らっこおやじさん / 2018年1月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観に行くタイミング逃して… やっと、観れましたぁーー(*´∇`*)...

観に行くタイミング逃して…

やっと、観れましたぁーー(*´∇`*)

前半のグダグダ感からの、ラストのどんでん返しは、ビックリでした💦💦💦😅

蒼井優は、良い女優さんですよねぇーー

むね
むねさん / 2018年1月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

とにかく純粋な映画

主演は、蒼井優。
でも、観終わったら、それは違っていたのではないか?と思った。

誘われて観に行った。
事前情報は、監督が人間のクズ系の作品が多いと聞いていたので
どろどろした作品かと思っていたが

確かにそういう要素も無い事は無いが
何より、真っすぐで純粋な想いが強かった。

中々、悪くない作品だった。

※松坂桃季がキモイ役なのも新鮮だった。

chaocomspace
chaocomspaceさん / 2018年1月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

意外なんだけど泣けた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主人公の蒼井優をとりまく3人の男達のキャラ設定とそれぞれの俳優が素晴らしかった。まず顔はいいけど心底、下衆野郎な竹野内豊、育ちが良く品のあるおぼっちゃま風だけど中身はペラペラな松坂桃李、そして仕事できない、空気読めない、不潔で取り柄なしだけど蒼井優を命をかけて愛する阿部サダヲ。
彼が最後に飛んでしまうシーンには唐突感があったけれど、そこに至るまでの彼の深い愛情が心にしみて涙がでた。鳥になってやっと愛する女を自分のものにしたのかなぁ。
恋愛映画を見たのは久しぶりだったけど良かったです。

ニョロ
ニョロさん / 2018年1月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

演技に引き込まれて

あっという間。
蒼井優は頑張ってたと思う。
彼女もだけど、この役よく引き受けたなぁと思ったのが、松坂桃李。
俳優人が良かったです。
日本アカデミー賞にノミネートされるのでは?

ふゆる
ふゆるさん / 2018年1月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

渋谷シネパレスにて観賞 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ヴァイオレンスの先にある「何か」を見せつける傑作を連発した白石監督だが、本作は見た以上のものは残らなかった。
クセのある原作のせいだろうか。

蒼井優の演技は相変わらず……わめきやキーキーすることに専念してしまい人物像が埋もれて見えてこない。
『オーバー・フェンス』では、そんな芝居で作品を台無しにしていたが、『ミックス。』も含めてあまり変わっていない印象だ。(『オーバー・フェンス』と同じくきっちり脱ぐ覚悟も無し)
「叫べば名演」って、いい加減にやめようよ。

阿部サダヲは良い。彼の真摯な懸命さ特に後半、心を動かされる。何より彼が作って食すご飯はいつも美味しそうだ。

しかし、その感動的な演技から迎える自決という結末は全く意味が分からない。
これは原作の問題になるだろうが、死を美化することや自己憐憫に酔ってるようにしか見えない。
せめて、ああするしかないことに、もっと説得力を持たせて欲しかった。そこは脚本の仕事だろう。

白石監督らしい良い演出が光ったのは、2人のクズ男。
松坂桃李演ずるチャラいクズ男、竹野内豊演ずる外道なクズ男、いずれも彼らの他作と比較にならない名演を引き出している。
それぞれ相応の報いを受ける点は、溜飲が下がった。

shallowwhite
shallowwhiteさん / 2018年1月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

決断の理由 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何の予備知識も無く
たまたま空いた時間に上映していた、という縁で鑑賞。

終盤へ進むにつれ、姿はボロボロになり激しく咳をしては「歳かな」身体の衰えを見せるようになったジンジ
深い傷を思い出してしまった十和子の傍に、ずっとついて守り続けてやる事が出来ない…余命を悟っていたのではないだろうか
だから、生まれ変わりまた出会うと言い残し、彼女の罪を背負ったまま身を投げた

十和子は、飛びたつ鳥たちに何を見た?

「たったひとりの恋人」というセリフ
十和子は生涯独身を貫き、生まれ変わりではないジンジ自身を想い続けた…と思いたい。

テンポよく、あっという間にラストまで駆け抜けた
まさかの泣き顔でスクリーンを後にした
この作品との出会いは大収穫だった

一番近くにいる
自分を大切に思ってくれる人を
大切に

うたたねうたこ
うたたねうたこさん / 2018年1月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

149件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi