バッド・バディ!私とカレの暗殺デート
ホーム > 作品情報 > 映画「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」
メニュー

バッド・バディ!私とカレの暗殺デート

劇場公開日

解説

「ピッチ・パーフェクト」シリーズや「ザ・コンサルタント」のアナ・ケンドリックが暗殺能力を覚醒させる失恋女子を演じた、恋愛アクション映画。好きになるのがダメ男ばかりで、二股をかけられるなど失恋ばかりを繰り返すマーサの前に、彼女が考える理想の男フランシスが現れる。ヒットマンでありながら、人殺しが許せず、依頼人を殺してしまうという一風変わった変わったフランシスとマーサは急速に惹かれあっていく。そして、世界中の殺し屋から命を狙われているフランシスと行動をともにしていく中で、マーサはこれまで自分が気づくことのなかった「最強の殺し屋」の素質に目覚めていく。ケンドリックが主人公マーサを、フランシス役を「月に囚われた男」「セブン・サイコパス」のサム・ロックウェルが演じる。脚本は「クロニクル」「エージェント・ウルトラ」を手がけたマックス・ランディス。

作品データ

原題 Mr. Right
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 パルコ、ハピネット
上映時間 95分
オフィシャルサイト  

特集

失恋女子 meets 伝説の殺し屋→暗殺能力覚醒キター!“ネコ耳”キュートガールが、ハッピースマイルで敵をぶっ倒しまくる!このクレイジーなサイコー設定、映画ファンなら気になるよね!?
“ネコ耳”女子がサイレンサー付きの銃をブッ放す! このギャップがたまらない!!

クレイジーな失恋女子が、伝説の殺し屋と恋に落ちて「最強の暗殺能力」に目覚めるラブコメ&アクション「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」が5月13日より全国公開。「クロニクル」「エージェント・ウルトラ」のマックス・ランディス脚本のもと...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全13件)
  • 意表をついた配役もハズレ。つまらない。 アナ・ケンドリックも早くにオスカー・ノミニーとなり、歌える若きホープとして順調にキャリアを積んでいるが、たまには異質な弾けた役を演じたかったとはいえ、こういう役と作品ではバッド・チョイスだ。 よ... ...続きを読む

    BB-8 BB-8さん  2017年6月22日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 時間の無駄 アナがなぜ出演したのか意味が分からない。 この作品で何を伝えたいのかも不明。 ...続きを読む

    イシュト イシュトさん  2017年6月22日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 俺はアナケンのファンだからいいんだよ アナ・ケンドリックすごい整った顔してんの。整いすぎてんのが弱点で魅力が出てこないんだよね。 演技もうまいと思う。でも脚本が読んだら面白いだろうけど、演じると難しい脚本なんじゃないかな。それでノリ... ...続きを読む

    Scott Scottさん  2017年6月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi