ラビング 愛という名前のふたり
ホーム > 作品情報 > 映画「ラビング 愛という名前のふたり」
メニュー

ラビング 愛という名前のふたり

劇場公開日

解説

異人種間の結婚が違法とされていた1950年代のバージニア州を舞台に、自らの愛を貫き通すべく戦ったラビング夫妻の実話を映画化したヒューマンラブストーリー。人気俳優コリン・ファースのプロデュースのもと、「MUD マッド」「テイク・シェルター」のジェフ・ニコルズが監督・脚本。58年、バージニア州。大工のリチャード・ラビングは、愛する恋人ミルドレッドから妊娠を告げられ結婚を申し込む。当時、バージニア州では異人種間の結婚は法律で禁止されていたが、子どもの頃から深い絆で結ばれてきた2人にとって、別れるなど考えられなかった。そこで2人は法律で許されるワシントンD.C.で結婚した後、地元で暮らしはじめる。しかしある晩、自宅に押しかけてきた保安官に逮捕され、離婚か故郷を捨てるかの選択を迫られてしまう。主演は「ブラック・スキャンダル」のジョエル・エドガートンと「プルートで朝食を」のルース・ネッガ。

作品データ

原題 Loving
製作年 2016年
製作国 イギリス・アメリカ合作
配給 ギャガ
上映時間 122分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート
主演女優賞 ルース・ネッガ

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(ドラマ) ジョエル・エドガートン
最優秀主演女優賞(ドラマ) ルース・ネッガ

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ジェフ・ニコルズ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

この歴史を変えた夫婦愛は、シンプルゆえに澄みわたり深く胸を打つ
ラビング 愛という名前のふたりの映画評論・批評

この数カ月間、テレビをつければ愛の欠片もない大統領の姿ばかりで、アメリカという国の素晴らしさなどすっかり忘却していた。かくも時代や価値観が愚かに変容する中で、本作の存在はまさに救いそのものだ。これは歴史に名を刻んだ愛の物語。神様はきっ...ラビング 愛という名前のふたりの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全20件)
  • 無名でいたかった人たち ネタバレ! 史実のラビング夫妻は知らない。一連の出来事もこの映画で知った。ハッキリしているのは、本作のラビング夫妻は、一緒に暮らすことを許されていれば満足だったはずで、人種差別に反対する気持ちも積極的には持... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2017年3月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/2
  • 米国の驚きの差別法がこんなに最近まで⁈ 有色人種(特に黒人)に対する差別が酷く、今も根深いことは理解していたが、異人種結婚禁止なんて法律が1970年代まで(アラバマでは2000年まで)まかり通っていたとは⁇(絶句)。生物は神の創造だと... ...続きを読む

    こばりん こばりんさん  2017年3月22日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • チクったのは誰? サスペンスのようなハラハラ感 ...続きを読む

    NoBody NoBodyさん  2017年3月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ラビング 愛という名前のふたり」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi