わたしは、ダニエル・ブレイク
ホーム > 作品情報 > 映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」
メニュー

わたしは、ダニエル・ブレイク

劇場公開日

解説

2016年・第69回カンヌ国際映画祭で、「麦の穂をゆらす風」に続く2度目の最高賞パルムドールを受賞した、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督作品。イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿が描かれる。イギリス北東部ニューカッスルで大工として働くダニエル・ブレイク。心臓に病を患ったダニエルは、医者から仕事を止められ、国からの援助を受けようとしたが、複雑な制度のため満足な援助を受けることができないでいた。シングルマザーのケイティと2人の子どもの家族を助けたことから、ケイティの家族と絆を深めていくダニエル。しかし、そんなダニエルとケイティたちは、厳しい現実によって追い詰められていく。

作品データ

原題 I, Daniel Blake
製作年 2016年
製作国 イギリス・フランス・ベルギー合作
配給 ロングライド
上映時間 100分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞
コンペティション部門
パルムドール ケン・ローチ
出品
コンペティション部門
出品作品 ケン・ローチ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

みごとな直球玉が、観客の心にずしりと響く
わたしは、ダニエル・ブレイクの映画評論・批評

ケン・ローチが初めてメガホンを握ってからほぼ50年。これほど一貫した姿勢と映画作りのスタイルを保っている監督も珍しい。それだけにともすればマンネリになりがちなところを、ほぼ毎回ストライク・ゾーンに決める力量たるや、驚くべきものがある。...わたしは、ダニエル・ブレイクの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全16件)
  • 弱者に冷淡な母国に対する、静かな強い怒り ケン・ローチ監督が引退宣言を撤回してこの映画を作ったのは、英国の福祉制度があまりに官僚的で冷淡で、救うべき弱者を逆に苦しめていることに怒り、声を上げずにはいられなかったからだ。 手当を受けるため... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年3月19日  評価:4.5
    このレビューに共感した/3
  • さて、あなたはどうする? いわゆる社会派ドラマのなかで、カンヌ・パルムドールを受賞したこの映画の特異性は何か。 「社会派」のスタイルにはいくつかあって、ひたすら眉を顰めて見ざるを得ない酷薄な現場を写した作品や、ダルデンヌ... ...続きを読む

    たぴおかたぴお たぴおかたぴおさん  2017年3月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ケン・ローチの現代劇は── 難しいところも多いし、つらいところも多い、しかもイギリス社会の深層をついたものがほとんど──それがケン・ローチの現代社会を描いた映画。 英国のことは深く知らないし行ったこともない、けれど、なぜか... ...続きを読む

    SH SHさん  2017年3月22日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「わたしは、ダニエル・ブレイク」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi