むかしMattoの町があった
ホーム > 作品情報 > 映画「むかしMattoの町があった」
メニュー

むかしMattoの町があった

劇場公開日

解説

イタリア精神保健改革の父と呼ばれる実在の精神科医フランコ・バザーリアにスポットを当て、1978年に施行された世界初の精神科病院廃絶法「バザーリア法」誕生までの道のりを、精神障害患者たちとの交流を交えながら2部構成で描いた伝記ドラマ。本国イタリアでは2010年2月にTV映画として2夜連続で放映され、21%を超える高視聴率を記録した。1961年、ゴリツィア県立精神病院の院長となったバザーリアは、入院患者たちが非人道的な扱いを受けていることに衝撃を受け、病院改革に乗り出す。県当局の反発を受けながらも、患者たちの人権を取り戻すべく尽力するバザーリアだったが、ある事件をきっかけに病院を追われてしまう。1971年、バザーリアはトリエステ県代表からの依頼で、県当局が運営に口出ししないことを条件に県立病院の院長に就任。患者たちを地域に住まわせることで病院機能の縮小を図り、その一方で政府に精神病院の解体を訴えかける。バザーリア役に「人間の値打ち」「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」のファブリツィオ・ジフーニ。

キャスト

作品データ

原題 C'era una volta la citta dei matti
製作年 2010年
製作国 イタリア
上映時間 198分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「むかしMattoの町があった」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi