太陽の下で 真実の北朝鮮
ホーム > 作品情報 > 映画「太陽の下で 真実の北朝鮮」
メニュー

太陽の下で 真実の北朝鮮

劇場公開日

解説

北朝鮮政府によって演出された「庶民の日常生活」の裏側を暴き、当局による検閲を受ける前にフィルムを外部へ持ち出すなど、さまざまな危険を冒して完成したドキュメンタリー。模範労働者の両親とともに平壌で暮らす8才のジンミ一家を通し、ロシアの撮影スタッフが庶民の日常を切り取るドキュメンタリー撮影のはずが、北朝鮮側の監督のOKが出るまで一家は繰り返し演技を強いられた。高級な住まい、親の職業、クラスメイトとジンミの会話、そのすべてが理想の家族のイメージを作り上げるために北朝鮮政府が仕組んだシナリオだったのだ。スタッフは、「真実を暴く」ことに撮影の目的を切りかえ、カメラの録画スイッチを入れたまま、隠し撮りを敢行する。北朝鮮からの要請で、ロシア政府はモスクワ・ドキュメンタリー映画祭の会長を務めるビタリー・マンスキー監督への非難声明と上映禁止を発表。しかし、韓国、アメリカ、ドイツなど20都市以上で上映された。

作品データ

原題 V paprscich slunce
製作年 2015年
製作国 チェコ・ロシア・ドイツ・ラトビア・北朝鮮合作
配給 ハーク
上映時間 110分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全7件)
  • 小さなドキュメント 見てよかったと思います。 開始5分でしっかり引き込まれました。 北朝鮮のことを全く知らない私にとって、この作品はとてもワクワクさせられるものでした。 この映画を撮ることが、どれだけ大変だっただろ... ...続きを読む

    ハクタカ ハクタカさん  2017年2月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 監督の思いはわかるけど… 監督は旧ソ連で同じような統制社会を経験し、崩壊するのを見てきた人。変化の前後を知っているからこそ、思い入れを持ったのは当然だと思います。 ただ、ここに出てくる北朝鮮の現役住民は、崩壊後を知らない... ...続きを読む

    カナカナ カナカナさん  2017年2月13日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 少女の涙は美しい・・・ ネタバレ! やばいもん観ちゃいました。。。 ロシア人監督が撮ろうとした一般家庭の普通の暮らしぶり。しかしそこで待っていたのは北朝鮮側のディレクターに完全に演出されるエキストラとしての市民たちだった。 北朝鮮... ...続きを読む

    NobuNaga NobuNagaさん  2017年2月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「太陽の下で 真実の北朝鮮」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi