映画 夜空はいつでも最高密度の青色だのレビュー・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

劇場公開日 2017年5月13日
92件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

人間としての美しさ

人間の無様さ、美しさが描かれた秀作。

どるーぐ
どるーぐさん / 2018年2月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

都会で生きて行くのは簡単ではない

都会で生きて行くのは簡単ではない

そう
そうさん / 2018年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

がんばれ〜‼︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2018年映画館鑑賞
20本目‼︎

石橋静河
自然な感じでいいねっ‼︎

重いお題にしては
そこまで深く感じられなかったです。

池松壮亮や演者さん達は
みんな良かったのですが

何故だろう?

騒音に悩まされる隣人が
何かやらかすと
思ってたのですが
最後まで
何も起こらなかったですねっ

「愛してたって」メールで
会った同級生と行ってた
中華屋さん?は
ヒドイ(笑)

まじナイゎ〜
メニューもほぼ無い

麻婆豆腐
注文入っても作んないし(笑)

snowball
snowballさん / 2018年2月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日常の中での小さな幸せを見つける映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日常の世界の色んなところで、戦争や災害や色んな悲しいことが起こる中で、自分が生きてる事のありがたみを感じて、小さな幸せを見つけていく映画だった。

「誰かの元彼だった人と誰かの元彼女だった人が愛を囁いてる」のがバカバカしいって、ほんとにそうだと思ってしまった。

mi ayu
mi ayuさん / 2018年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そんな店ないだろ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

都会の陰の断片を集めて組み立てる。詩的表現が多く、リアルさは求めていないのかもしれない。しかし、個々のディテールが弱いと記号化する。作り手は工事現場や性風俗を見下してないか?海外帰りの彼女が突如現れて、個人的にはプチっと切れた。実は結構優秀でしたみたいな設定要るか?濡れ場の有無ではなく、SEXそのものがない世界は意図的かと思うが、人の根本的な所業であるわけで、共感できなかった。役者陣には不満はない。

Kj
Kjさん / 2018年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キネ旬1位…?

2017年度キネマ旬報ベストテン日本映画第1位!
その他国内映画賞で軒並み高い評価を受け、気になりつつ何となくずっと保留にしていたが、キネ旬1位を獲った事だし見てみようかと。
キネ旬ベストテンは国内の映画賞でも特に参考にさせて貰ってるし、1位に輝いた作品はその年の自分のBEST級になる事も多い、が…

昼は看護師、夜はガールズバーで働く美香。
工事現場の日雇い労働者として働く慎二。
二人は出会い、少しずつ心を通わせていく…。

東京という大都会の底辺で生きる若者たち。
孤独。
疎外感。
閉塞感。
死。
1000万人も居る中での出会いや再会は奇跡。
見出だしていく希望、幸せ。

映像や音楽は美しいし、街中のガヤや編集などにもセンスを感じる。
実力派陣の好演。
“若者”や“今”を繊細に描いている。

…だけど、こういう話ってよくあるよね…?
ヒューマンドラマもしくは今を生きる若者たちの青春ドラマ/ラブストーリーとして悪くはないが、とりわけ特筆する点や新鮮なものは感じなかった。
原作は詩集。ナレーションや台詞も美辞麗句なものが多く、何かこう、生の感情が伝わってこない。
後、ガン~バ~レ~!…っていうストリート・ミュージシャンの歌がしつこい。

『川の底からこんにちは』『舟を編む』『ぼくたちの家族』…石井裕也監督の作品は好きだが、それらほどではなく。
キネ旬ベストテンでも、本当に『あゝ、荒野』を抑えて1位に輝く作品であったか…?

でも、石橋静河は拾い物。
まだまだ新人ながら主演を努め、堂々たる演技、存在感。
石橋凌と原田美枝子の娘で、演技派である両親の血は確かに受け継がれているようだ。ふとした表情や佇まいが時折、母親を彷彿させる。
個性派・実力派として期待の逸材。

近大
近大さん / 2018年1月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

タイトルの清涼感と内容の閉塞感のギャップ

工事現場で日雇いのバイトとして働く片目の見えない青年、慎二。看護師として働きながらも夜はガールズバーでも働く美香。
窮屈で生きづらい街、東京を舞台に出会った2人の若者のラブストーリー。

全体に溢れるボンヤリとした不安や閉塞感、つまらなそうに生きる登場人物たち、うまくコミュニケーションが取れない主役の2人。
東京を描いた作品は多いが、これほどうまい具合にモヤモヤした演出が出来るセンスはすごいなと思う。
暗い内容な印象は強いが鑑賞後決して悲観な気持ちにならず、むしろ頑張ろうという気持ちにしてくれる。
邦画らしい良い作品だったと思う。
そして松田龍平はどんな役をやらせても松田龍平だ笑。だがしかしそれが良い笑。

オレ
オレさん / 2018年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

病んでいる

東京が孤独に見えるのは街のせいではないと思うが

空気感は好き

もりり
もりりさん / 2017年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何とも言えぬ焦燥感、わかります

タイトル良すぎ 村○ドラゴンを連想した笑
やっぱり池松壮亮良すぎる。(亮と良繋がって名前みたいだ。。)美香を除いた(美香はセリフがややくすぐったい時があった。良かったけど。)キャラクターそれぞれがリアルで人間臭くって入り込めた。序盤の煙草の焼けかけから街の夜景へのシーンシフトが綺麗。

平ー
平ーさん / 2017年12月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ざまあみろと言いながら死ぬまで生きるしかない

閉塞感のある建築労働者の描写。生きていくしかないから、働けるだけ働く。しかし賃金は少なく、ガールズバーなんてとても行けない。そもそも働くだけの身体がいつまで持つかもわからない。

そんな環境下での、他人との距離感を掴めない、コミュニケーションが上手く取れない青年の物語。片目の視力を失っていることは、距離感を失っていることの隠喩なんだろうか。

もう一つの物語は、常に「死」の近くにいる看護婦。主人公慎二とは友人の死を通じて知り合うのだが、その後も死を感じさせる場面はいくつもあり、観客を不安にさせます。

ラストが、孤独感にあふれた結末なのか、ハッピーエンドなのか判断が付きかねる微妙な終わり方。どうであれ、人間なんてざまあみろと言いながら死ぬまで生きるしかない。

くろかわポタリング研究所
くろかわポタリング研究所さん / 2017年12月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

残念。入り込めきれず。

タイトルが良いよね。
でも個人的にはストーリーの軸のようなものが見えず内容はイマイチぐっとこず。。印象的な場面も思い浮かばない。

ただ、「生」を描くことは「死」を描くことになるし、「死」を描くことは「生」を描くことなんだなあってこの作品を観て思った。

松田龍平は何の役をやっても良い意味で違和感がすごいなあ。

ゆめ
ゆめさん / 2017年12月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2017年度ベストムービー!

都会の孤独さと不安…そして、都合よく予定調和なんかして行かない淡々とした毎日…詩のセリフがぶっきらぼうでなんかおかしい。

stoneage
stoneageさん / 2017年12月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

池松

ボソボソした喋りが素晴らしい。現場の雑役の仕事をもうちょっと掘り下げられたら、さらに良くなった気がする。渋谷とか新宿が空転したり、隣のおじいちゃんが死んだり。

ssspkk
ssspkkさん / 2017年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

東京住みにはたまらない作品です。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まず最果タヒの詩だけど、残念ながら全然記憶に残らず響きませんでした。一回切りで終わりだったから反芻させたり文字としてもっと出す必要があったのでは?頑張れの曲だけが残って少し出番多すぎて鬱陶しいです。でも笑える。あとは全体通して良い感じに仕上がってると思います。ただ他の人も言うようにムダな部分もややあり、どうせなら外国人労働者がなぜ日本に来てるのか?田中哲司の生きざまをもっと描くか無視するかとかしないと気になってしまった。演技演技しない池松さんとか龍平くんの芝居は好きです。というか近年の俳優さんって性格俳優が減ったおかげで自然に観られるので安心です。石橋静河さんはこれから期待です。

カタヤンハルヤン
カタヤンハルヤンさん / 2017年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ

都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ

まどかす
まどかすさん / 2017年10月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

欲が入り乱れる都会で純粋さを求めている若者に誰もが共感できる所はあ...

欲が入り乱れる都会で純粋さを求めている若者に誰もが共感できる所はあると思う。
フィリピン?から東京に出稼ぎに来た人物の
東京はお金は稼げるが働く場所じゃない
の発言に共感と共に胸が締め付けられた。

yoshi
yoshiさん / 2017年9月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青色

苦手なやつかなと思ったけど、明らかなわざとらしさが所々に見えだしてからは楽しめた。
ある意味で今の若者にとって最高にリアルな恋愛映画ではあると思う。
日本という世界でも有数の恵まれた国に漂う謎の終末感や閉塞感や不安っていうのが、この映画に出てくる人たちから伝わってきた。

81

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年9月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

20歳最後の映画

クソビッチ友達と観た20歳最後の映画。
渋谷の片隅で語り明かしたTOKYO。
ファッキンパーフェクトーキョー。

タテスジコ
タテスジコさん / 2017年8月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よき。

地味だが、とても好みの映画だった。刺さる言葉が多いし、考えさせられる場面も多い。万人ウケはしないだろうけど、わかる人にはわかる映画だと思う。

あみ
あみさん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きる意味

生きていくのに理由とか意味とかいらない。
死ぬだけの勇気が有れば生きる力は必ずわいてくる。

アパートの部屋の片隅のサボテンでさえいつの間にかひっそりと花を咲かせることができるように。

いつどんな時でも幸せは自分で見つけるものだ。

縁があれば出会いがあるし、一緒にいたい自分の気持ちにも気付いていく。

Kinuyo
Kinuyoさん / 2017年8月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

92件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi