映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
ホーム > 作品情報 > 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」
メニュー

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

劇場公開日

解説

「舟を編む」の石井裕也監督が、注目の詩人・最果タヒの同名詩集をもとに、都会の片隅で孤独を抱えて生きる現代の若い男女の繊細な恋愛模様を描き出す。看護師をしながら夜はガールズバーで働く美香は、言葉にできない不安や孤独を抱えつつ毎日をやり過ごしている。一方、工事現場で日雇いの仕事をしている慎二は、常に死の気配を感じながらも希望を求めてひたむきに生きていた。排他的な東京での生活にそれぞれ居心地の悪さを感じていた2人は、ある日偶然出会い、心を通わせていく。ヒロイン・美香役には、石橋凌と原田美枝子の次女で本作が映画初主演となる石橋静河を抜擢。「ぼくたちの家族」でも石井監督と組んだ池松壮亮が慎二役を演じる。

スタッフ

監督
原作
最果タヒ
脚本
石井裕也
企画
孫家邦
菊地美世志
赤須恵祐
プロデューサー
有賀高俊
土井智生
五箇公貴
撮影
鎌苅洋一
照明
宮尾康史
録音
加藤大和
高須賀健吾
美術
渡辺大智
装飾
渡辺大智
衣装
立花文乃
ヘアメイク
豊川京子
編集
普嶋信一
音楽
渡邊崇
音響効果
柴崎憲治
エンディング曲
The Mirraz
写真
大森克己
アニメーション
松丸翔
VFXプロデューサー
赤羽智史
助監督
石井純
製作担当
栗林直人
キャスティング
福田真弓
製作渉外
藤田充彦

キャスト

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 東京テアトル、リトルモア
上映時間 108分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

インタビュー

「今の時代、いかにして生きるか」石井裕也監督、石橋静河&池松壮亮主演で現代詩を映像化
インタビュー

「舟を編む」の石井裕也監督が、若手詩人・最果タヒ氏の同名詩集をもとにした最新作「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」。2020年の五輪開催に向けた再開発が進む東京を舞台に、都会で生きる現代の若い男女の空虚感と孤独、そして恋愛を、詩を...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

東京を描きながら普遍的な視野を持つ、“反逆する”映画
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの映画評論・批評

これはただの恋愛映画ではない。否、むしろ反逆の映画だ。何に反逆しているのか? この重くたれ込めた世界に、見えない圧迫に、常識という足枷に、わけのわからないルールに縛られた連中に。原作は最果タヒの同名の詩集。そこからインスピレーションを...映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全79件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi