ラストレシピ 麒麟の舌の記憶のレビュー・感想・評価

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

劇場公開日 2017年11月3日
165件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

予想以上にいい映画

久しぶりにいい映画を観れたなと思いました。
役者のみなさんすべてがいい演技で、話もまとまっていたし、感動シーンもちらほら。あまり期待していなかったのですごく満足できました。

sasu
sasuさん / 2017年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

けっこう泣いた

泣き所満載は壬生義士伝を思い出す。抑えめの演出でテンポがゆっくりだけど美味そうな料理シーンで飽きなかった。二宮はさすがイーストウッドから声が掛かっただけのことはある。いい演技だ。

Moto0615
Moto0615さん / 2017年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストシーンからのエンドロールは、やられました。

初めて観たときは、原作とまた違う内容に驚いてしまい「えっ?うそっ!」と心の声が漏れてしまったほど驚いてしまいましたが、美しい音楽と美しい映像がまた、より登場人物と作品を盛り上げてて、何ヶ所かのシーンで感涙されてる声がたくさん聞こえました。それは登場人物の各々の悲しくもあり、熱くもあり、温かくもある姿に込み上げてくる人、幼少時代に受けたショックから人を信じない、料理も自分との戦いだと言い切る、絶対味覚の主人公が、満州時代と料理を通して、愛の深さに気づいた時の子供に戻ったような表情に、私も感涙しました。ラストシーンからのエンドロールは、やられます。少し軽い演出だなと感じる現代のシーンも何ヶ所かありますが、音楽、映像、役者さん、総じてとても丁寧で細かく描かれてと思います。2回観に行くと、それがよくわかると思うので、1回見るだけではもったない作品です。

fleck-chan
fleck-chanさん / 2017年12月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動。

とても好きなストーリーです。
泣けました!
淡々とした流れの中に、本当に熱い心を感じました。
二宮和也の演技が好きなのですが、今回の役柄もとても彼にマッチしていたと思います。
他の俳優さん達も素晴らしかったと思います。

この映画を観て、自分を支えてくれているたくさんの人達の事を思いました。

Mi-chan
Mi-chanさん / 2017年12月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スロー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ダルい。
芝居に瞬発力が感じられない。

芝居のテンポが皆さん遅く…文化庁の行政指導でも入ってんのかと思う程行儀がいい。
過去のエピソードなどは、とてもじゃないが人が存在しといるようにすら思えず、なんの発表会なんだろと頭をかしげる。

レシピにまつわる人間模様や陰謀は、面白かったので、サスペンス調に味付けしても良かったんじゃないかと思う。
その結末に足されるテイストとして、充への想いがある方が俺は好きだなあ。

大体からして、見た事も会った事もない爺さんを引き合いに出されても、その人の想いまでに心は揺さぶられはしないんじゃないだろうかと思う。
主役からして「興味ない」って言ってたし…現代の時間に緩急も強弱も描かれない。

登場人物の性質に萎えたような印象か。
あまり面白いとは思えなかった。
ただ、
爺さん達が娘に接する時の笑顔や懺悔には、ホロっときたなあ。使い分けというか住み分けというか、そおいう1面が挿入されてて良かった。

U-3153
U-3153さん / 2017年12月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

惜しい戦争大河ドラマ!~主役は西島と料理~

「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」72点。

戦争大河ドラマです。
世界大戦中の「満州国」での、料理に命を懸けた男の壮絶なドラマです。
地味な「料理」「調理」にこだわります。でも製作スタッフにふさわしい人を揃え見事に克服しています。

また、中国・ソ連の人々・料理を交えて歴史を描きます。
日本人を見下していた外国人たちが料理を口にすると…。
美味しさに国境はありません。素晴らしい。

国家・軍人の横暴も忌憚なく描きます。
国家よりも料理にこだわった料理人のプライドを、「西島」が熱演します。
そばで助けた良妻・支配されていた中国の料理人・訳あり少年、それぞれの思いが伝わりました。

大どんでん返しが決まります。
でも少し見えてました。うまくいきすぎ感があります。
惜しい。

さらに主役の「二宮」は背が低くて地味で小物感があります。
抑えた演技に努めた(?)ために華がありませんでした。
「綾野」がもったいないですが、主役は西島と豪華料理でしょう。
中国人役の日本の役者さんが見事です。目が輝いていた少年もジャニーズにしてはいいです。
「あおい」は最近良妻賢母役が多いです。

たかが料理ではないのです。命を育む料理に命を懸ける。
料理にも歴史があることを実感できました。

良作ですが、残念ながら人気・話題には事欠きます🍀

PAPAS
PAPASさん / 2017年12月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった…… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

キャストの皆様の演技に引き込まれて、涙がとまらなかった。
ストーリーは途中から「こういうことなんだろう」と分かってしまうのですが、それでも引き込まれてしまい、家族、国、人の繋がりや大きな愛に感動が止まなかった。
人は独りでは生きていけない
周りが見えなくなって自分だけの狭い暗闇に囚われてもがいていても、そばに居て寄り添い、共に歩んでくれる、心配してくれる大切な人は必ず居てくれる。
その大切な人の存在に気づいたとき、真の優しさと強さを手にできた。
それで失うものがあっても思いは時代を越えて受け継がれていく
。レシピは愛情だった。
こんな素晴らしい映画をありがとうございました!

なんな
なんなさん / 2017年12月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動。西島よかった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

西島がよかった。

また脚本も重厚で感動的であった。

ただ、満州と当時の日本の関係など歴史にある程度知識があったほうがより楽しめる。

ベストシーンは
山形が殺される寸前の
「おまえ、料理が好きなんだろ。監視するだけだったら、あんな深夜に一人で試作しないだろう」。
ぐっときた。
鎌田も監視という本来やりたいことではないことをしていた。
やりたいことをやれと。
日本の相互監視社会でやりたいことができずに居る、多くの人に勇気をくれるシーンだった。

綾野も演技がよく、楽しめた。

ただし、二宮の終盤改心する描写が薄い感じもした。
演技もそんなに上手くないとおもった。

ryu
ryuさん / 2017年12月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

料理は美味しそうでした。

展開は序盤で、直ぐ見える感じ。
満州の過去パートが良かった。

二宮氏の演技は他で見た事ないから分からないけど、才能のある料理人というより、自分の境遇にヤサグレてる駄々っ子にしか見えなかった、そういう設定なのか。
ただ、出された料理を凄く美味しそうに食べるなあと思って、お腹が空きます、、

ゆうすい
ゆうすいさん / 2017年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい意味で裏切られました

良かったです。泣けました。
泣ける映画とは聞いてましたが、まさかこんなに泣いてしまうとは…映画を観終わった後に心地好い余韻を味わえる映画は久しぶりでした。
過去パートを演じられた西島さんをはじめ、宮崎あおいさん、西畑君、兼松さんの演技良かったです。
ニノの抑えた演技、全てが繋がっての表情と最後に溢れでた一言。見事でした。
綾野さんとニノの演技は幼なじみ感が出てましたね。
話の持って行き方が上手いですね。途中から引き込まれてました。最初は寝てしまうかな!?って、不安でしたが全く心配無用でした。
観て良かったです。友達にも薦めたい映画です。

ねぇねぇ
ねぇねぇさん / 2017年11月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストレシピにまつわる感動の物語

ラストレシピを探すミステリーでドンドン物語に引き込まれて行きます。レシピを守った人々が戦争中ひどい目に合いながら、子孫に残し頑張ったか最後に答えが分かり感動的でした。

未散
未散さん / 2017年11月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動

王道ストーリーだったが、クライマックスのラストのレシピで思わず涙。
この世の仕事は全て「誰かの為」にあるのかな

you
youさん / 2017年11月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度も涙を流した

ラストレシピ、良かったです!何度も何度も涙流しました。心に染みたしジンときた。まさか孫だったとは!孫だと分かった時鳥肌が立ちました!観に行って良かったです!この感激を少しでもニノや出演者の方々に伝わる事を念願しています。

Noriko
Norikoさん / 2017年11月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

涙が出てしまた

素晴らしかった!
もう一度見に行きたい!

ニノミ
ニノミさん / 2017年11月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かったけど

天皇の料理番が好きだったので、あらすじに惹かれて鑑賞。
けど期待し過ぎたせいか、そこまで入り込めなかった。
とは言え、面白かったですけどね。
途中から話の裏がわかってきたし。
切ない話なんだけど、そこまで肉迫しなかったというのが、正直な感想です。周りでグズってる音きこえましたけどね。
家で鑑賞でも良いかなとは思います。
ネガなレビューにはなってしまったけど、悪くはなかったです。
ただ、もっと肉迫したやつであってほしかった。

マクソ
マクソさん / 2017年11月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

秋元康かー。

感動した、って人が多いけど…なんとも。展開が早くて軽い。にのさんのキャラクターも筋が通ってないし。あれだけ食にうるさいわりには深夜勝負の中華屋さんでビール一本のみとは…。単純でわかりやすい所は良かったかなー。

peanuts
peanutsさん / 2017年11月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

料理は素晴らしい

あまり期待しないで観に行きましたが、泣けました。ご飯前に観たらダメですね。個人的には抹茶ご飯が気になります。泣けるし、良かったな、とは思うけど1800円払ってでも観るべきかと言われると微妙なところ。2時間ドラマでも良かったかな。
それにしてもニノの最後の「美味いな」の演技と宮崎あおいは素晴らしかった。

あき
あきさん / 2017年11月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

☆評価が現時点で3.8とそこそこ高くCMでの告知も多かったので見に...

☆評価が現時点で3.8とそこそこ高くCMでの告知も多かったので見に行ったが、観た後に残るものはなかった。
人間愛に泣かせたいんだろうなという部分もあったが、それだけかな。

もう一度見たいとか、人に勧めたい作品では無い。

こまつ
こまつさん / 2017年11月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

完璧な映画

日本が大陸に夢を見ていた時代を背景に、巨大なスケールで描くファミリーストーリー。
滝田洋二郎監督が『おくりびと』で見せた、役者が体を張って職人の技術を再現してみせる作風を、今作では10倍にパワーアップした感じで、料理の場面にはただただ圧倒された。本作の製作には金も手間もかかったことだろう。
『おくりびと』では、食べることとは生きることである、という演出が印象的に使われていたが、本作では料理そのものが題材ということもあり、こちらも更にパワーアップしていた。
シナリオの見事さにも圧倒された。出来過ぎな展開ながら、それを不自然に思わせない説得力がある。

タイトルの陳腐さと宣伝の煽りの酷さから敬遠していたが、評判が高いので見てみたら、映画とはこうあるべきという見本のような完璧な映画であった。巨匠を信じて公開初日に見るべきであった。
ただし、あまりにも『おくりびと』に似ていること、もう一度見たいかというとそうでもないので、少し減点。

uttiee56
uttiee56さん / 2017年11月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

国と世代を超えた壮大なストーリーに心地良い感動を得られた作品でした

これは思いのほか良い映画でした。
滝田洋二郎監督×二宮和也主演の映画だけに、思いのほかと言う表現は失礼な気もするのですが、期待値の高さとは裏腹にそこまで評価も興行収入も上がってなかったようでしたから、もしかして失敗作だったのかなと自分の中でややトーンダウンした状態での鑑賞だったので・・・でも見てみたら私の心には十分響く内容で、思いのほか良かったです。
料理映画としての面白さ、ミステリー仕立ての謎解き要素、温かみのある人間ドラマ、そして家族と愛の物語、様々な要素がどれも程好く見応えがあって、見終わってとても心地良い余韻に浸れる一本だったなと思いましたよ。
エンドロールまで見応えがあって、全く飽きることなく楽しむことが出来ました。

ただ、現代パートと過去パートのバランスは、正直やや微妙かなと思いましたけどね・・・。
印象に残るのは、相当な割合で過去パートでしたから。
でも終わってみるとこれはやはり佐々木充の物語、徐々に謎が明らかになり、最後は全て繋がると言うその持って行き方自体は、まあさすがだなと思わされましたね。
二宮ファンはちょっと不満だったかも?
ただ二宮の演技があってこその物語だったのは間違いない事実、根底の部分がしっかりしていたからこそ、過去パートが生きたところもありましたからね、壮大なストーリーでありながら、実は一人の青年の再生と成長の物語と言う、その巧みな構成に何だかんだで満足させられた作品ではありました。

とは言え、回りくどさもここまでくるとと言った感じで、出来過ぎな感は否めませんでしたけどね、でもあの充のキャラを考えると、ここまでのことをするしかなかったでしょう、できればもっと充のキャラを掘り下げて描いてくれたら、更に説得力は上がった気がしました、それと彼の料理の腕前をもう少し見たかったかなぁ。
まあでも料理全般は、過去パートを中心に十分食欲はそそられました、どちらかと言えば身近な料理の方がおいしそうに見えましたかね(←単に高級料理に縁が無いからとも言える)、とにかくビーフカツサンドが食べたい、勿論出来ることなら大日本帝国食菜全席も食べてみたいですが・・・大穴なら綾野剛の黄金チャーハンか(笑)

しかしまあ過去パートは何かと心揺さぶられましたね、山形直太朗の志、彼を導いた妻の愛、そして支えた仲間達、政治的な部分の話は胸が苦しくなりましたが、国を、世代を超えた壮大な物語には、思わず涙でした。
そしてさすがの演技は宮崎あおいか、芯の強さと愛の深さにグッと惹き込まれた、それに応えた西島秀俊と、鎌田&楊を演じた若手2人(西畑大吾&兼松若人)の熱演も何気に印象深い作品でした。
まあ突っ込みどころは確かにありましたが、私はそれ以上に心地良い感動を得られたので、とりあえず見て損は無かったです、いい映画でした。

スペランカー
スペランカーさん / 2017年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

165件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi